タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo


東宝・宝塚映画版『サザエさん』特集 第2作 『続サザエさん』(1957.4) [1]
第1作封切りの4か月後に公開された、第2作である。

『続 サザエさん』(1957.4) 東宝
モノクロ・スタンダード、9巻・2301メートル、84分。
『続・サザエさん』になっている資料も。

気だては良いが お転姿娘のサザエさん (江利チエミ) も、この頃は結婚問題について真剣に考え始めた。
平目女学校の同窓会へ行っても、仲のいいクラスメイトは既に結婚している。
山高産業に勤める、親切なフグ田君 (小泉博) のことが忘れられないサザエさん。
ある日、思い切って胸のうちをフグ田君に打明けた。フグ田君も同じ思いだったので、2人の心は固く結ばれた。

しかしサザエさんの せっかちな性分は、急に淑かになろうと思っても治るものではなく、弟のカツオ君 (小畑やすし) と取っ組合いをしたり、大変なもの。
姉弟喧嘩は殆んど年上の方が怒られる。
サザエさんも その例で、お彼岸の御進物用の おはぎを妹のワカメ (松島トモ子) からカツオたち腕白小僧どもが横どりしてしまったので、サザエさんが怒っていると、かえって事情を知らぬお母さん (清川虹子) に「大きな声を出して !」と注意されたり、カツオの顔に墨をつけたまま気付かずに外出したりする。

※ 映画未見なので、文意が不明なり。
「サザエが、寝ているカツオの顔に墨でイタズラ描きしたら、起きたカツオが気付かず外出した」ってコトなのか、その逆で「サザエがカツオにイタズラ描きされたまま、気付かず外出した」ってコトなのか ?
たぶん後者と思うけど、どなたか ご教示を。

フグ田君と会って10日ほど経ったある日、フグ田君がお母さん (梅野公子) を連れてサザエさんの家へ来た。
ところが生憎その日、サザエさんのおデコにはコブが。
そのコブは、隣のメロドラマ作家・伊佐阪難物先生 (三木のり平、夫人の軽子役は藤間紫) を、サザエが磯野家に居候することになった従兄で大学生のノリオ君 (ノリスケの弟になるのか。藤木悠が演じた) と訪ねたとき、先生の居ない間、散々にその悪口を喋ったため殴られて できたものだった。
だが、サザエさんは額のコブに絆創膏を張って、いとも淑やかにフグ田君とお母さんの前に現われた。お母さんはサザエさんが気に入ったようである。
サザエさんの父母とフグ田君母子が縁談について話しているのを、サザエさんは隣室で胸をときめかして聞いていた。
ところが熱心に聞く余り、つい力が入ってサザエさんは襖を破り、皆の前に倒れ込んでしまった。
フグ田君のお母さんは呆れて帰る。
しかしサザエさんの真心はフグ田君のお母さんに認められ、こんな健康な娘はいないとまで思われるようになった。
一家の笑い声にまじって、サザエさんが のど自慢で取った賞品の仔豚までが賑かな鳴き声を立てていた。
http://movie.walkerplus.com/mv25070/
より転載、一部改行・訂正あり。
ウィキ、こちらの映画評も参照しました。
http://www.ne.jp/asahi/gensou/kan/
eigahyou35/zokusazaesan.html


同窓会で、江利チエミが「三人娘」シリーズで一緒の美空ひばりと雪村いづみのモノマネをするシーンは見どころらしい。
仲代達矢がビッグになって忙しいせいか、サザエの従兄ノリスケは登場せず。奥さん役の青山京子は出演。
代わりに藤木悠が、やはりサザエの従兄に当たるノリオ役でレギュラー入り。第5作まで出演した。
前作から登場している柳家金語楼はレギュラー決定で、第4作を除くシリーズ9作品に同じ山中老人役で出演。お父さん・波平の友人で、仲人役という設定だ。
今回、その妻を演じているのは、前作で おでん屋のオヤジだった沢村いき雄。

長谷川町子のマンガ「似たもの一家」(1949 「週刊朝日」連載) から、TVアニメでもおなじみの作家・伊佐阪先生が登場 (マンガとアニメ版の苗字は伊佐坂だが、ネット上の記載は伊佐阪。元になっている「キネ旬」の誤字かも知れない)。三木のり平が演じているが、社長シリーズなどとは違い、悪口を言われたとはいえコブが出来るほどサザエを殴るなど、おっかないキャラのようだ。
なお、長谷川の「サザエさん」原作にも1952年頃、伊佐坂先生一家がゲスト出演している。フネさんと伊佐坂夫人が女学校の同級生という設定であった。
連載された「週刊朝日」「朝日新聞」が同じ系列なので出来たことだろうが、当時「似たもの一家」も姉妹社で単行本化されていたので、読者へのファンサービスだったのかも。

第1作とは違う役で一の宮あつ子、森川信。
一の宮は、隣家の多胡夫人役。ちなみに夫の名は“八郎”らしい。
森川は、サザエのお母さん・フネの親族で、実家シーンで登場。

ところで、東宝特撮ファンが多胡と聞けば。
間違いなく、『キングコング対ゴジラ』(1962.8) で有島一郎が快演した、パシフィック製薬・多胡宣伝部長を思い出すだろうが…。
ひょっとして あの部長、磯野家の隣人だったりして。
宣伝部長の名が八郎なら、確率は高そうだが…『キンゴジ』劇中では、不明なのだ。
ちなみに有島は、本シリーズの第3作・第8作に税務署員・画家役で出演。

若山セツ子は、第1作と同じサザエのクラスメイト役らしいが、結婚し姓が変わっている。
今回の御用聞き役は、脱線トリオの3人。由利徹、南利明、八波むと志。
電器屋役で、特撮ファンにはおなじみの大村千吉。
他に宮田洋容、中田康子、本郷秀雄、千葉信男、堺左千夫、佐原健二、広瀬正一が助演している。
| 長谷川町子の部屋 FEMALE MANGA ARTIST MACHIKO HASEGAWA | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP

東宝・宝塚映画版『サザエさん』特集 第1作 『サザエさん』(1956.12) [3]

スチル。
ワカメちゃん役、松島トモ子の美少女ぶり !
やはりワカメは、萌え妹キャラの元祖であるなぁ。

ネット上より お借りした、クランクアップ時の集合写真。
主要キャスト、仲代達矢も写っている。
クランクアップは、1956年10月下旬らしい。
公開までの仕上げ期間が、1か月半もあるぞ。
早撮りの青柳監督にしては、無理のない充分すぎるスケジュールで撮影されていたようだ。

「少女クラブ」1957年 新年号ふろくの、フィルムストーリーブック。
同時掲載の東映映画『七つの誓い』とは、中村錦之助主演の伝奇時代劇3部作のことだ。
『サザエさん』公開と同じ56年12月から57年1月にかけ、公開された。
| 長谷川町子の部屋 FEMALE MANGA ARTIST MACHIKO HASEGAWA | 13:02 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP

東宝・宝塚映画版『サザエさん』特集 第1作 『サザエさん』(1956.12) [2]
進駐軍廻りで実力を認められ、歌手・女優として大人気。東宝でも三人娘シリーズがスタートしていた江利チエミ (1937 - 82) は、 当初サザエ役のオファーに乗り気でなかったそうだが、コメディエンヌ全開でハマリ役。
映画終了後も、TV・舞台で演じ続けることになる。

高倉健が昨年 亡くなったとき、妻だった女性として、改めて その名がクローズアップされた江利。
1948年版の映画・ラジオ・フジテレビのアニメやドラマスペシャル…サザエさんを演じた女優は多いが。
江利は原作者・長谷川町子も納得の女優で、『たけしの誰でもピカソ』(2006.9) の特集によれば、手紙のやりとりなど交友もあったようだ。

私は持っていませんが、第1作ポスターはネット上でも発見出来ず。
レアなブツなのかな。

これはパンフレット (プレスシートかも) らしい。

車内 中吊りポスター。
同時上映は、同じ青柳信雄監督で宮城まり子主演の『てんてん娘』2部作 (「てんてん天気は日本晴れ」、「てんてん娘に花が咲く」。 制作は宝塚映画とJMDBにあるが、この地方版ポスターでは東宝映画になっている) であった。

封切り3本立てが、全て同じ監督の作品って凄いな。
職人・早撮り監督としてのみ語られる事の多い青柳信雄 (1903 - 76) だが、翌1957年には東宝版『生きている小平次』も撮っている。
8代目・坂東三津五郎の実兄。
1960年代中盤にテレビへ、C.A.L. (シー・エー・エル、「水戸黄門」など多くの人気番組で知られる制作会社) の初代社長に。
長谷川作品では、青島幸男が初代を演じたことで知られる『意地悪ばあさん』(1967 - 69) も同社が制作。
古陶磁の蒐集家でもあった。
兄・三津五郎が、フグの肝を食べ中毒で亡くなった翌年に死去。

息子は、『トラ・トラ・トラ !』制作時にアメリカ側との交渉役だったが、黒澤明 監督降板事件の「原因」を作ったと言われる、青柳哲郎 (1934 - ) だ。
父もまた、戦後 新東宝に移って製作側に廻っていたとき。
当時 専属女優だった高峰秀子のギャラ未払や他社出演 (松竹「破れ太鼓」、結局出なかった) 契約時の不正を、彼女の自伝「わたしの渡世日記」(1976) で暴露された、モンダイの人物でしたっけ。
う〜ん…この父子が もっと上手くやってくれていたら、日本はおろか、世界映画史が変わったのに !

本作のヒットにより、約4か月後には続編が公開される。
| 長谷川町子の部屋 FEMALE MANGA ARTIST MACHIKO HASEGAWA | 08:33 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP

東宝・宝塚映画版『サザエさん』特集 第1作 『サザエさん』(1956.12) [1]
ブログも10年という事で、少し考えたんですけど。
初期の頃は熱心にやろうと思っていながら、段々と尻すぼみになってしまったカテゴリーを増補しようかと。
名画座で上映される機会はあるのに、ソフト化は今だなされない、東宝・宝塚映画版『サザエさん』10作品を纏めてみることにしました。
意外に、誰もやっていないようなので…。

『サザエさん』(1956.12) 東宝
モノクロ・スタンダード、8巻・2352メートル、86分。
『江利チエミのサザエさん』になっている資料も。

記念すべき江利チエミ主演の映画第1作は、『空の大怪獣ラドン』と同じ月に封切られていた。
監督の青柳信雄、脚本の笠原良三は、シリーズ全10作品に関わることになる。

磯野サザエ (江利チエミ) の一家は、弟のカツオ(小畑やすし) 妹ワカメ (松島トモ子) と、お父さん お母さん (藤原釜足 清川虹子、キャスト表に波平・フネの名はない) の5人暮し。
サラリーマン生活だが、至ってノンキな家庭である。
しかし長女のサザエさんは、高校を卒業しても お転婆ぶりを発揮、お父さん お母さんは頭が痛い。

ある日、毎朝新聞社 勤務の従兄・ノリスケ (仲代達矢) が下宿を申し出、一家は協議の末、彼の大食らいに相当する額の下宿代を貰うことで居候を認める。

その頃、雑誌社“女性クラブ”に採用されたサザエさんは、間違えて山高商事に初出勤。
だが、そこで会ったフグ田君 (小泉博) の親切に心打たれる。
第一の仕事は、小説家・神田大六 (花菱アチャコ) 宅への原稿取り。いざ神田宅へと上りこんでみれば、彼は以前、親友ミチコ (青山京子) の勤めるデパートで、失敗の末カンカンに怒らせた客であった。
逃げ出したサザエさんはクビを申し渡されるが、親切なフグ田君の紹介で大木探偵事務所 (所長役は、とらやのおいちゃんこと森川信) に入る。
素行調査の依頼から、ノリスケとミチコの恋を知ったサザエさんの援助で、2人は結婚にゴールイン。
新婚生活を見守る彼女の胸にも、親切なフグ田君の面影が秘められた様子だ。

ミチコの名案で、サザエさんは彼に、間近に迫ったクリスマスのパーティ招待状を送る。
当日、かねて彼が言っていた通りに女らしく振舞うサザエさん。
夜になっても姿を見せず彼女を淋しがらせたフグ田君も、やがて会社の都合で遅れたと飛びこんで来る。
プレゼントは、可愛いサザエのブローチ。
喜びに手を取り合って踊る2人を中心に、サザエさん一家のクリスマスは楽しそうに続いていた。
http://movie.walkerplus.com/mv24933/
より転載、一部改行・訂正あり。
ウィキや、こちらの映画評を参照しております。
http://www.ne.jp/asahi/gensou/kan/
eigahyou34/sazaesan.html


雑誌社・女性クラブは、原作4コマのハロー社に相当。ちなみに編集長役は丘寵児だ。
山高商事は、TVアニメの海山商事に当たるのか。
酒屋・魚屋などの御用聞き役で、男性ボーカルグループ ダークダックスの4人が登場。冒頭にあるサザエの妄想 ? ミュージカルシーンでは、一緒に歌も。
ディズニーアニメ『シンデレラ』(1950 日本公開は52年、タイトルは「シンデレラ姫」だった) の Bibidi-Babidi-Boo を口ずさみ、これはシリーズ化されたあとも度々サザエさんが…原作4コマにも歌の著作権ネタがあったけど、こりゃマズいかな。
ウィキによれば、ダークダックスがブレイクするのは翌1957年、ロシア民謡・ともしびのヒットによってだった。
松島トモ子も、クリスマスパーティで お歌を披露している。

柳家金語楼、若山セツ子、白川由美、塩沢登代路 (塩沢とき)、沢村いき雄、一の宮あつ子も出演している。
ところで、ウィキの本作の項に、出演者として歌手・のこいのこ (1948〜 CMソングの女王、パタパタママなどのヒット曲も) の名があるんですけど、彼女が幼い頃に出演していたんでしょうか。

わたくしは未見だが、テレビ放送はされたという。

1956年といえば、長谷川町子による朝日新聞連載は絶好調。
姉妹社の単行本も、巻を重ねている。
新聞以外の誌面にも、サザエさんは登場していた。
その前年、1955年1月よりニッポン放送で、少女歌舞伎出身の市川寿美礼(1928 - 72) がサザエを演じるラジオドラマがスタート。横山道代に交代し、1965年4月まで続いた。
波平とフネ役は、東野英治郎と三戸部スエ。若き日の岸田今日子も出演。
シナリオは、チョイ役で出演もした小沢昭一の叔父・小沢不二夫だった。
市川は、1955年に舞台でもサザエを演じているが、ラジオで人気が出たからと思われる。
さらに1955年10月からは、KR (のちのTBS) でテレビ漫画がスタート。長谷川の画かどうかは不明だが、マンガ静止画を映しセリフをつけたミニ番組らしい。サザエ役は、菊田一夫の妻だった時期もある女優・高杉妙子 (1914 - 94)。これも、1957年9月まで続く。

あまり語られることのない、1950年代のサザエさんメディアミックス展開。
1956年12月、マンガ・ラジオ・テレビに続く、第4の映画版を我々は得ることになった。
そして、これも大成功を納める。

| 長谷川町子の部屋 FEMALE MANGA ARTIST MACHIKO HASEGAWA | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP

サザエさん祭り、始まる
今日11月26日からフジテレビ系列では、サザエさんのテレビアニメ放送開始45周年を総括する記念特番はじめ、尾野真千子が長谷川町子を演じる伝記ドラマや 、観月ありさがサザエを演じる実写ドラマの新作が放送されるという。
さらに12月4日には、多くの人がCD化を待ち望んでいたテレビアニメのBGMを含む「サザエさん音楽大全」の発売。
長年のファンには、嬉しい年末となった。

と、なると。
そろそろ東宝→宝塚映画の江利チエミ版 実写映画が、CS放送解禁になったりして…。

日本映画専門チャンネル様、待ってますよ。
| 長谷川町子の部屋 FEMALE MANGA ARTIST MACHIKO HASEGAWA | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP

「町子手帖」が欲しいであります [3 完]
ついでに書けば。
そろそろ、江利チエミの映画版サザエさんシリーズも「解禁」され、ソフト化されるのかな ?


市川寿美礼や横山道代がサザエを演じたラジオドラマの音声とか、やはり江利のTBSテレビドラマVTR (フィルム撮影のオープニングアニメは現存してるはず) って、残ってないんですかねぇ。 
星野知子や浅野温子がサザエを演じたフジテレビのドラマだって、ソフトとして残すべきでしょうし…。
| 長谷川町子の部屋 FEMALE MANGA ARTIST MACHIKO HASEGAWA | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP

「町子手帖」が欲しいであります [2]
「町子手帖」に収録されるという、新発見の「サザエさん」下書き (アイディア・スケッチ)。 

マニア垂涎なれども、古いファンは複雑な心境になっているだろう。

なぜなら、長谷川町子は生前、こういった草稿・下書き類を公表するのは「良し」としない部類のマンガ家だったと思われるから。

わたくし、キャラのラフ・デザインからアシスタントへのベタ塗り指示コピーまで「お蔵出し」公開してくれるタイプのマンガ家、好きですよ。だけど…
「完成品」だけを読者に示す、凛とした姿勢がプロフェッショナルたる者の「本来」ってことも良く解ってますんで。

おそらく彼女、こういったモノを生前、随時 処分 (「サザエさん うちあけ話」だったか、いったん筆を折る決意をした町子が、庭でマンガ道具などを焼却している画を思い出す) していたと推察する。

上のスケッチも、奇跡的に捨てられなかったものなんだろう。
| 長谷川町子の部屋 FEMALE MANGA ARTIST MACHIKO HASEGAWA | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP

「町子手帖」が欲しいであります [1]
長谷川町子が自ら より抜いたという「サザエさん」の自選集、「よりぬきサザエさん」が2012年12月から復刊されると聞いても、特にココロは動かなかった わたくし。

姉妹社の「サザエさん」単行本では、通常版を重要視していたので、彩色ページが魅力とはいえ、「よりぬき…」は全冊 (13巻) 持ってない。
幼い頃、親に数冊 買ってもらっているが。
表紙は取れ、セロテープで何度も補修され、自分でしたラクガキが恥ずかしいボロボロ状態だが、まだ3冊ほど現存する。

そんなわけで今回、購買意欲はマッタク湧かなかったが…各巻に、当時の新聞記事や初公開イラスト掲載の特典ページが付くという。

うぅん、商売上手な朝日新聞出版の奴らめ…町子フリークとしては…!


さらに全巻予約特典で、単行本 未収録作品やよりぬき採点表、下書き、企業広告用イラストなどを収録した64ページの資料本「町子手帖」が もらえるというじゃないか。

うぅん、商売上手な朝日新聞出版の奴らめ…町子フリークとしては…しては !!

…ブックオフとヤフオク狙いかなぁ、ヤッパリ…ハァ。
| 長谷川町子の部屋 FEMALE MANGA ARTIST MACHIKO HASEGAWA | 23:58 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP

磯野家の玄関口 小特集 [8 完]
おまけ、アニメが放送開始されて間もない頃の磯野家玄関。
ひ、広っ ! …おおらかな時代でした。

修学旅行で泊まった宿の主人がカツオを見込んで、家までやって来る話だったかな。
| 長谷川町子の部屋 FEMALE MANGA ARTIST MACHIKO HASEGAWA | 11:20 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

磯野家の玄関口 小特集 [7]
観月ありさ主演の最新実写版 (2009 〜) より。

こうして見ると、いろんなバージョンがあって興味深いですね。
| 長谷川町子の部屋 FEMALE MANGA ARTIST MACHIKO HASEGAWA | 09:15 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP