タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo


エステー 脱臭炭CMの怪獣と超人 [5]
30秒バージョンの追加カット。
| 今週のわたくし2009 SUBCULTURE DIARY 2009 | 13:21 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

エステー 脱臭炭CMの怪獣と超人 [4]
30秒バージョンでは、備長炭スラッガー発射スタイルが異なる。
額をポチッとな、ですね。

| 今週のわたくし2009 SUBCULTURE DIARY 2009 | 10:33 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

エステー 脱臭炭CMの怪獣と超人 [3]
必殺消臭の備長炭 ? スラッガー。
| 今週のわたくし2009 SUBCULTURE DIARY 2009 | 10:58 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

エステー 脱臭炭CMの怪獣と超人 [2]
防衛隊の隊員が変身し、超人登場。
| 今週のわたくし2009 SUBCULTURE DIARY 2009 | 06:32 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

エステー 脱臭炭CMの怪獣と超人 [1]
冷蔵庫用・炭系脱臭剤のCM。
1970年代テイストのミニチュアがいい味出してる町で暴れる臭怪獣 !

| 今週のわたくし2009 SUBCULTURE DIARY 2009 | 15:27 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

はじめて観た初代林家三平師匠の二木の菓子CM
柳沢慎吾と京本政樹の町歩き番組を眺めていたら流れたのがコレ。上野アメ横の菓子現金問屋・二木の菓子の古〜いCMなり。
「ニキニキニキニキ二木の菓子 !」退色具合から見て昭和40年代初期の作と思われるが、凄っごいインパクト。
当然関東ローカルでしょう、名古屋人のわたくしははじめて観ました。東京に滞在したときもこんなのやってなかったぞ。
CMは林家一門により今も引き継がれているそうですが…「二木の菓子、バンザ〜イ !」には負けた。

あの♪ニンニキニキニキ…っていう『飛べ ! 孫悟空』のドリフの歌 (ゴーウェスト) はこれが元ネタ ?
| 今週のわたくし2009 SUBCULTURE DIARY 2009 | 09:48 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

デヴィッド・キャラダイン終焉の地 [3]
思うに、タイでもこれくらいの高級ホテルともなれば、部屋テレビでAVなど観られるんでしょうか ? 仏教国だから、やっぱダメでしょうねぇ。
その日、一日中ビールを飲んでいたというデヴィッド。有名人だけにお姉ちゃんのいるトコへ遊びに行くわけにもいかず、男ひとりで (笑) ほかにする事もなく、ついついイメージだけでコトに及び、こんな事になってしまったか ??
ハリウッドのアクション俳優の中でも、屈指のカッコ悪い死に方だけに、ガンと闘って逝ったマックィーンや、撮影中のヘリコプター事故に巻き込まれて逝ったビック・モローに天国で冷やかされているであろう。

雰囲気を出すため、タイ語字幕入り『キル・ビル Vol.2』の画撮を貼って追悼とします。
| 今週のわたくし2009 SUBCULTURE DIARY 2009 | 09:54 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

デヴィッド・キャラダイン終焉の地 [2]
下段中央写真のスイートルームであろうか。
今後好き者のファンが訪れ、デヴィッドが泊まった部屋を希望するケースもあるんだろうなぁ。
| 今週のわたくし2009 SUBCULTURE DIARY 2009 | 21:27 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

デヴィッド・キャラダイン終焉の地 [1]
三一十氏の掲示板で知ったが、俳優のデヴィッド・キャラダインがタイのバンコクで亡くなった。珍死…と言うと怒られそうだが。
以下 newsclip の記事より。
http://www.newsclip.be/news/2009605_024153.html

6月4日にバンコク都内の高級ホテル、スイスホテル・ナイラートパーク・バンコクのスイートルームで死亡しているのが見つかったアメリカの男優デヴィッド・キャラダインさん (72) の死因について、タイ警察は事故死という見方を強めている。
死体発見当時、キャラダインさんは全裸でクローゼットの中に座り、上から吊るした紐で首が絞められていた。警察はキャラダインさんが首を絞めて窒息状態になり自慰をしていた最中に誤って死亡した可能性があるとみている。

キャラダインさんは1970年代のテレビドラマシリーズ『燃えよ ! カンフー』で主役の神秘的な武術家ケインを演じ、人気を博した。
クエンティン・タランティーノ監督のヒット作『キル・ビル』2部作 (2003-04) ではユマ・サーマン演じる主人公の宿敵である殺し屋・ビルを好演 (この映画はタイでも人気で、どこのショップにも置いてある)。 バンコクには映画 Stretch 撮影のため滞在中だった。

IMDb には Stretch という撮影中の映画に関する記載はない。なんでもフランスの映画会社の作品らしい。亡くなったのは6月3日のようだ。
ドラッグ使用の可能性はどうなのか。デヴィッドには奥さんもいるそうじゃない…うーむ。

このスイスホテル・ナイラートパーク・バンコク Swissôtel Nai Lert Park Bangkok というのは、2004年正月までヒルトン傘下だった有名ホテルです。ナイラートはホテルがある公園の名。
場所はバンコク屈指の繁華街であるサイアムスクエアの近く、ラーチャダムリ通りの東、スカイトレイン・チットロム駅の北。わたくしには縁のない高級ホテルなりよ。スイートルームは御一人様1泊 361US ドル=約36000円らしいです。
このホテル、2006年6月のプミポン国王陛下在位60周年記念式典の際は、わが国の天皇皇后両陛下もお泊まりになられたそうな。

調べると、これから公開予定でポスプロ作業中のデヴィッド・キャラダイン出演作は数本ある模様。映画の規模は判りませんが、『キル・ビル』以降ずっと売れっ子だったようですね。
しっかし…個人の性癖にはいろいろあるが、身長185僂梁臙砲クローゼットの中でそーゆー事を…流行ってるんでしょうか、一部で (悩)。
| 今週のわたくし2009 SUBCULTURE DIARY 2009 | 10:18 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

眼帯が似合うあの人 [6]
死に様まで眼帯を強調。さすが日本一の眼帯役者であるなぁ (ホントか ?)。
| 今週のわたくし2009 SUBCULTURE DIARY 2009 | 08:07 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP