タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< …3か月経って | TOP |

ある追悼

チェンマイで、しばらくの間 通った日本食堂(居酒屋。居食屋とも呼称)の ご主人が3月4日に61歳?で亡くなったと知った日、複雑な気分になり、日記に以下のような文を綴りました。
葬儀も終わり、2週間が経ち。

参列した方のブログにも一部補足して投稿させていただきましたが、故あって更新をしていなかった自分のブログにも再掲するものです。
ご主人と最後にお会いしたのは、店を閉められて しばらく経った2016年1月。ファイケーオ通りでバッタリすれ違い、某不動産店の前で座って雑談した時です。

「あんたは変わらない(染まらない)な」、というような事を言われましたっけ。



10年以上前、既に私はチェンマイで年に数か月過ごしていましたが、当時ご主人がやっておられた2軒の店へは行っていません。
新しい店は、常宿に近く、オープンしてすぐの頃から行ってました。
ご主人が店に出なくなる少し前、常連さんや ご主人の友人以外では、料理をろくに注文せず喋りたがりで、情報を聞きまくるだけの お客様が増加していたように思います。
ご主人はプロ、無料案内所を しているわけじゃないので、こういう人たちを冷た〜く扱ってましたね。
バックパッカー向けゲストハウスに泊まって1人ゴルフしてるという中年男に「もっと安い宿はないか」と聞かれた時は、もう呆れてました。
お金持ちらしき同胞やビジネスの方々(ご主人と奥様が併せて経営しているマッサージ店の利用者や、所有のコンドー部屋を借りてくれてる人も)には、それなりの対応。
でも彼らの人間性が見えてきて、徐々に対応が変わってゆく。
私は常連さんや初対面の人と話す事もありましたが、黙って隅のテーブルでビール呑みつつ彷徨いてる猫いじりつつ、そういうのを見ているのが好きでした。
チェンマイで店を経営する日本人オーナーは今後もいるでしょうが、溜まり場にして店に立ち相手をする日本人オーナーは、ご主人が最後か。
個性派の同胞ばっかり来て、その相手をするのは疲れるに決まってます。
言葉が通じぬタイ人に店番は任せておいた方がよろしい。同胞もタイ語を学ぼうという気になり、語学学校経営者が喜ぶでしょう。

私はチェンマイ滞在時、あちこちの店で1人 ビールを呑んでると、いい人に見えるのか話しかけやすいのか、喋りたがりな同胞男性ステイヤーの(時間つぶし用)ターゲットにされる事がよくあります。
いちおう断らず、相席で話したいんですか?どうぞとは言いますが。
話に その人の過去が見えたり、タイ女性で失敗したとか良い関係を続けているという話が聞けたり、先達からのアドバイスで得した気分になる事がありますから…でも、聞きたくもない話をする人たちが8割。
いかに自分は安く旅をしてるか自慢とか、良い店教えろとか、そんなのばっか。そのうえ初対面なのに横柄で、相槌も限界。
途中で話を遮り、お引き取り願うことにしています。
また、こういう人たちは まず呑まない。せめてコーラの1本でも追加注文し、一緒に呑んでくれれば、店のためにもなるし もう少し話を聞いてあげるのですが…。
私より年上の人も多いのに、まるで分かってない。こっちを甘く見て、分かってないフリをしてるのか。

ご主人は、プロ精神で いろんな人の話を店で聞き、コラムを書き、集客目的があるとはいえブログも開設し対応しておられ、バイクも車も乗り、イクメンもやっていた。
私には出来ない…。
今回のこと、全く残念でした。

| チェンマイところどころ2013〜 CHIANGMAI HERE AND THERE 2013〜 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873752
トラックバック