タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< お礼と、お願いのようなもの | TOP | ある追悼 >>

…3か月経って
2015年6月末。
土壇場のキモチから、ブログに「お願いのようなもの」を書いて断筆し、3か月。
幸い状況は早期に好転し、日常が戻っては いるのですが。

哀れむ・叱る問わず、こういうときに何かコメントしてやろうという読者の方、
まして読料として少し恵んでやるかなんて方は、「ほぼ」居られなかったようで…。
 
「お願いのようなもの」を書いた日のアクセス数は、カウンターを信ずれば3500弱あったのです。
ということは、3500人弱の読者の方 (フォロワー、っつうんですか ?) の目に あの記事は触れたことになりますが。
それに対する反応、コメントや連絡はゼロでした。
ちなみに、6月のアクセス数は130000超え。
7月 8月は何も書いていませんが、46000強 37000強のアクセスを頂きました。
本当にありがたいのですが…反応の類は「ほぼ」ありません。
「いつも ご苦労様です、参考になります」と慇懃な お褒めコメントをくれる方も、「珍しい写真、頂きますネ」の方も、姿を消されたようで。
…そんなモンですね。

好意的に解釈すれば「ネタ」だと思われたか、ドン引きして見限ったかの どちらかでしょう。
今月も、何も書いてないですが、アクセス数は20000以上あります。
ありがたいことです。
けれど、真剣に書いた「お願いのようなもの」投稿への反応の無さに、わたくしは…
「読者の皆様が、調べて書いたモノを見ていてくださる。嬉しい!」というキモチが、すっかり失せてしまいました。
調べて書いたモノには大いに反応して貰える (アクセス数の増加) が、それを書いた わたくしの土壇場・ピンチには、何の反応も貰えないんだなぁ、と。

10年やってきた自分なりのブログ=映画などのヲタク雑学研究発表も、潮時かなぁ。
発見とかして、書いたり写真を載せたりしてもプロじゃないんで、わたくしより押しが強く文才があり立派に見えるブログの書き手やプロの方に、シレッと無断で使われちゃうからなぁ。

今後は。
多くの「町の研究家」に倣って、こーゆー事どもは「私家版」として続けるのが良いかな ? と考えました。
現在、カテゴリー立てて連載形式で続けている記事が いくつかありますが、ブログでは、全て「未完」とさせていただきます。

過去のブログ記事は全て残しますし、これからも たま〜には書こうと思いますけど。
少なくとも、
・年末恒例の「今年のマイベスト」
・つれづれ雑記における若干の「メモ」
は続けるつもりですので。

なお、今回の件は別として。
雑記の中に ときどき登場する近況スケッチや、わたくしの心象みたいなモノですが…こちらは100パーセント事実ではなく、「見聞や日常を使ったフィクション」であることを お断りしておきます。
これこそネタとして、読んで頂くためのモノ。
ときどき誤解があるんですけど。
フツーに考えて、ネットの雑記に「真実の日記」をつけるヤツはいないでしょ ?

最後に。
誰も言ってくれないから、自分で言おうっと。
「ブログ継続10年…お疲れさまでした!」
| サイトオーナーよりひとこと from SITE OWNER | 08:15 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
お疲れ様でした。
私もそろそろかなと思う今日この頃。
| 枕 | 2015/10/02 10:24 PM |
ご苦労さん。
放電しきっちゃったか……
まあ、所詮そんなもんさ。
暫くゆっくり充電しなよ(笑)
| K☆M | 2015/11/01 2:23 AM |
小山様、ご無沙汰しております。先ほど2ヶ月前のお言葉を、やっと拝読致しました。
正直に申し上げます。
自営業が日に日に傾いていく中、それでもオタク業を続けたい自分としては現在、食費などを切り詰めており、小山様の苦しいお立場(いつ自分がなってもおかしくない)を慮りつつも、送金することに躊躇がありました。
その後、ちょっと贅沢なランチをおごるくらいの金額なら、とも思い郵便局に行きかけもしましたが、すみません、ここから大変失礼なことを書かせて頂きます。
もし、次もお願いできないか?と懇願されたら。それが怖かったのです。
小山様が良識のある方だということは、短期のやり取りでもわかりましたが、切迫した状態では、私に過度な要求もあり得るのでは?と思うと、行くことができませんでした。
かといって、寄付しませんが、頑張って下さい、なんてコメントなど書けるはずもなく、迷っているうちにズルズル時間が経過し(意図的に避けていたことも確かです)結局、何もできず、小山様を見捨てたことになりました。

どう言い訳しても、私が小山様を見捨てたことは事実です。 本当に申し訳ありませんでした。
でも、ご無事でよかった。
勝手な言いぐさですが、ほっとしています。
最後に、本当に申し訳ありませんでした。
| 豆はんてん | 2015/11/27 11:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873751
トラックバック