タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 東宝・宝塚映画版『サザエさん』特集 第4作 『サザエさんの婚約旅行』(1958.8) [6] | TOP | 東宝・宝塚映画版『サザエさん』特集 [番外 2] >>

東宝・宝塚映画版『サザエさん』特集 [番外]
先日亡くなった小泉博の映画デビュー作について、ちょっと調べていたが。
1949年から52年までNHKで放送された、ラジオドラマ (放送劇) のヒット作を映画化した『えり子とともに』(1951.1 藤本プロ、新東宝配給) だった。

タイトル表記の微妙な違いに気付く。
劇作家・内村直也 (1909 - 89) によるラジオドラマは、新聞の番組欄表記だと「えり子と共に」「えり子とともに」が混在。
国会図書館に収蔵されているシナリオは「えり子とともに」。
宝文館から出版された内村によるシナリオ集 全10冊は、「えり子とともに」である。

映画は、シナリオ集と同じ表記なんだ…
と、思ったのも束の間。
JMDBでは、『えりことともに』と ひらがな表記されているじゃないか。
しかも、1月から2月にかけ2部作で公開されていた !

2部作は ともかく、表記は どっちがホントなの ?

二番館のチラシを発見。『えり子とともに』が正しいようですね。

ラジオドラマは、1949年10月5日スタート (ネットでは、1948年スタートになっている記事もあるが、コッチが正しい)。
声の出演は、えり子役が劇団・民芸の阿里道子 (アリミチコと読む)、その父に小沢栄 (小沢栄太郎の別名)。
七尾怜子、山本安栄、宇野重吉、杉村春子、田村秋子、松本克平、村瀬幸子、加藤治子、芥川比呂志、久米明、南美江といった豪華なメンバーも出ていたらしい。
東京の山の手に住む、大学教授の父を持つ河村えり子が主人公。
作者が意図したのは、父と娘のシチュエーション・ドラマだった。
戦後すぐの厳しい時代。
母が亡くなったあと、父はえり子の成長を優しく見守りながら、いずれ結婚して家を出ることになる娘との会話を、複雑な思いで楽しんでいる…。

えり子が1人娘と書いたサイトがあるけど、姉弟がいる。
番組が長期化し、えり子は就職する展開となった。

映画は、ラジオドラマ放送中に制作されたわけだ。
内村も参加、井出俊郎とシナリオを共作した。
えり子役は、角 梨枝子 (スミリエコ)。リエコが えり子を演じていたのか…。
1927年生。広島出身で、父は広島大学教授。1945年8月6日に被曝しているという。
大阪音大卒、ミス・ヒロシマとして東宝入りした。
同郷の杉村春子の知己を得、文学座で演技勉強。
健康美人タイプで、家柄的にも えり子役にピッタリだった。
脇に廻ったあとも映画各社・テレビで70年代中盤まで活躍。
2005年没。
ラジオドラマで小沢が演じた父は、山村聰に。
監督は千葉泰樹が予定されていたようだが、豊田四郎に交代。

仲良し一家の母が亡くなってから、姉は劇作家と結婚し、弟も家を出た。
大学教授の父が再婚するのしないのの話が持ち上がり、ファザコンらしい娘のえり子は、何だかモヤモヤしたりする…
というようなストーリーらしい。

シナリオ集に載った、内村直也を挟んで2人の えり子…角 梨枝子 (左) と阿里道子…が写った貴重な1枚。

この時期、柴田早苗 (当時、NHKラジオのクイズ番組「二十の扉」に出演、勘の良さで人気が出た女優。叔父は、浜辺の歌 や かなりや の作曲家・成田為三。日劇ダンシングチーム出身で、森コンツェルンの森暁と結婚。2004年没) の えり子役、伊志井寛の父役で舞台化も されている。
1969年にはNETで、一部設定を変えテレビドラマ化。これに併せ、別の女性ライターが書いたノヴェライズ版も刊行。
えり子役は内藤洋子、父は山村聰が再び演じた。
石立鉄男や山本紀彦、前田吟も出演。

小泉博の話に戻るが、ウィキによると彼は、

慶應義塾大学を卒業しNHK入局後、大分放送局に配属。
1950年9月、休暇で上京した際に、軽い気持ちで藤本眞澄が代表を務める藤本プロ制作『えり子とともに』フレッシュマン募集に応募し、3人の合格者の1人に選ばれる。

という経緯で俳優となった。
キネ旬やJMDBのリストに名は出ていないが、JMDBに俳優名が空白の役が ひとつある。
これが、小泉の役だったのでは ?

鎌倉育ちの小泉、いきなりの地方勤務は向いてなかったか。
自局ラジオドラマの映画化なので、NHKも宣伝になると、快く彼を送り出したのでは。
また、選考に当たったかどうか不明だが、作者である内村直也は、小泉と同じ慶應出身であった。

以下、調べていて面白かった余談。

ラジオドラマ・映画とも、同作の音楽担当は芥川也寸志であるが。
内村 作詞、中田喜直 作曲によるラジオドラマの挿入歌・雪の降るまちを (雪の降る街を と書かれる場合があるが、ウィキ表記はコレ) は、作品のタイトルが忘れられても、後世に残ったようだ。
なんでも、「えり子とともに」1951年12月26日放送・第114回のリハーサル後、「どうやら時間が余りそうだ」ということで,急遽作られたという。
会話ではなく歌で時間を埋めようとする急場しのぎで、名曲が誕生するというのも凄い話 !

雪の降るまちを 雪の降るまちを
想い出だけが 通りすぎてゆく
雪の降るまちを
遠い国から 落ちてくる
この想い出を この想い出を
いつの日か包まん
温かき幸せのほほえみ

生放送の劇中で歌われたのは ここまでで、2・3番は後付けらしい。
また、一部歌詞が今と異なっていた。
のちにテレビの『みんなのうた』でも取り上げられ、表記は 雪の降る町を (1961年12月バージョン) → 雪の降るまちを (66年12月バージョン) と変更され、今に至る。

えり子が勤めている会社 (業種不明) で本社と工場の対立があり,その宥和を図ろうと,会社の正月の演芸大会に本社と工場の混成メンバーで劇をやる運びになる。
劇のタイトルは「花咲く丘」。その中に登場する歌だった。
練習中の場面で、花売り娘役の女性社員 (南美江らしい) が歌うのが最初。
そして、この回の最後に全員の合唱が流れ、ラストは えり子の年末あいさつになったという。

曲が評判になり、1953年2月に「ラジオ歌謡」という番組で歌ってレコードにも吹き込んだのが、ヲタクにはカルト恐怖SF映画『吸血鬼ゴケミドロ』のみで知られるシャンソン歌手・高英男である。

1951年、ラジオで活躍する女優を集めた雑誌座談会で「男が とろける」「結婚適齢期の男性にピッタリ」と評された、えり子役・阿里道子の声。
ラジオドラマの大ヒット中、阿里と芥川也寸志の間にスキャンダルが発覚 ?
生涯に3度結婚した芥川だが、当時は東京音楽学校で出会った山田 (間所) 紗織と最初の結婚をしていた。
スキャンダルが原因かどうかは不明なれど、音楽は中田に交代。第114回の頃は、既に交代していたのだろう。
また、放送中かどうかは不明なれど、阿里は今でいうストーカー被害に遭ったという情報も。

「えり子とともに」放送時間は、毎週水曜日の21時から、30分間。
途中で21時15分スタートに変わり、最後は木曜日の20時30分に移動。
完結した翌週の1952年4月10日から、放送時間に女湯が空になったという都市伝説をもつ「君の名は」が後番組としてスタートする…。
氏家真知子役は、えり子役の阿里道子が続投し、1954年4月まで務めた。

これほどまでの人気を誇った、阿里の その後だが。
ラジオ・舞台出演は多数あるだろうが、不明。
映画は、鰐淵晴子が美少女すぎる『ノンちゃん雲に乗る』(1955.6 新東宝) でナレーションを担当しただけ。
あとは1952年から61年にかけ、黎明期のテレビドラマ出演作が14本ほど確認出来る。
最後の作品は、1961年1月放送の単発ドラマ『2 in 1 ツーインワン』(NTV) の助演。
正月だけに山村聰、岡田真澄、有馬稲子と出演者も豪華、シナリオはキノトールであった。
NHK出身で放送界の生き証人・黒柳徹子さんに消息を尋ねたいものですが、結婚引退されたのでしょうか。
阿里さんが、東京で住んでおられる町の歴史をまとめたHPに、写真を提供しているのを見つけた。
健在だと思われる。

そういえば、ラジオドラマ「君の名は」冒頭の

「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」

オリジナル・ナレーションは、若き日の来宮良子だって。知らなかった !

20時30分からの放送を聞くため、女性が家に戻りラジオに かじりついていたとするなら。
当時、家風呂のない一般家庭の女性は、家事を済ませ20時 (夜8時) ごろに近所の銭湯へ行くことが多かったんでしょうなぁ。

※ 参照
池田小百合 なっとく童謡・唱歌
http://www.ne.jp/asahi/sayuri/home/
doyobook/doyo00nakata.htm

は、雪の降るまちを や えり子研究の要と言えるサイト。
ここから孫引きしたトリビアを載せたサイトが多いですけど、間違った引用も見られますので、御注意。
http://ameblo.jp/lysling/theme-10090270674.html

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=
cache:8W-Oc18_vaIJ:http://notenkiexpress.blog95.
fc2.com/blog-entry-637.html%2B%E3%81%88%E
3%82%8A%E5%AD%90%E3%81%A8%E3%81%
A8%E3%82%82%E3%81%AB&hl=ja&rls=GGLD,GGLD:2004
44,GGLD:ja&prmd=ivns&strip=1
から、多くの情報を得ました。多謝。
| 長谷川町子の部屋 FEMALE MANGA ARTIST MACHIKO HASEGAWA | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873744
トラックバック