タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 東宝・宝塚映画版『サザエさん』特集 第4作 『サザエさんの婚約旅行』(1958.8) [1] | TOP | 東宝・宝塚映画版『サザエさん』特集 第4作 『サザエさんの婚約旅行』(1958.8) [3] >>

東宝・宝塚映画版『サザエさん』特集 第4作 『サザエさんの婚約旅行』(1958.8) [2]

ポスター。 
惹句は、婚約者と嬉しい旅も 失敗続きで花嫁修業のやり直し

同時上映は、ウィキによれば猪俣勝人 製作・脚本・監督 石浜朗 主演『荒城の月』。
ご存じ滝廉太郎の伝記映画で、シナリオ文芸協会制作、東宝配給。

猪俣勝人 (1911 - 79) は戦前から活躍している脚本家で、戦後は『現代人』 市川崑版『こころ』 千恵蔵版『大菩薩峠』シリーズなど、各社で活躍。
猪俣氏といえば、わたくしは中学校の頃、教養文庫から出版された著書「映画名作全史」シリーズで映画史を勉強させてもらったっけ (学校の勉強は、マッタクやる気なかったです…)。
監督作があるのは知っていたが。
これが第1作らしく、1962年にかけ計4本の映画を撮っていた。

ところで。
前週公開だった松林宗恵 監督 加東大介 小林桂樹 団令子 主演『風流温泉日記』のパンフレットに、『サザエさんの婚約旅行』が同時上映として掲載されているという。

宝塚映画 制作、和歌山県白浜の温泉を舞台にした風俗喜劇。
『風流…』が大ヒットして続映となり、新作『サザエさんの婚約旅行』を併映した地方の館もあったのではないか。
| 長谷川町子の部屋 FEMALE MANGA ARTIST MACHIKO HASEGAWA | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873738
トラックバック