タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 映画『大佛廻国』のことを、わたくしなりに [18 完] | TOP | 特撮10番勝負 2015 [1] 1918年のロボット登場日本映画 ? >>

映画『大佛廻国』のことを、わたくしなりに [オマケ]
ここは、名古屋市南部の区にある、老人介護施設である。
3月の暖かい午後。
今年90歳になる、認知症の症状がある彦蔵じいちゃんは、川に面したベランダで車椅子に乗り ひなたぼっこをしながら、茶髪の若い女性介護士に今日も同じ話をしていた。

「…聚楽園の大仏さんが、立ち上がってぇ…」

「おじいちゃん、また同じ夢を見たのぉ ?」
仕事と割り切っている介護士だが、あからさまに不機嫌な口調。
話を聞くのは、何度目だろうか ?
それは意外と長く、とりとめがない。
しかも、ところどころに変な歌が入ったりするのだ。
辟易しながらも介護士は、「聚楽園の大仏って、彦蔵さんが昔 勤めていたらしい、鉄を作る会社の近くにあったから、夢に出てくるんだろうな…」と思う。

コールが入った。
「詰所へ行ってくるから、待っていてね」
小走りに1階へ下りてゆく介護士。

彦蔵じいちゃんの脳裏には。
尋常小学校の頃、日曜日に両親と大須の盛り場で観た、不思議な活動写真の記憶が このところ蘇っており。
一生懸命、ストーリーを語っているつもりなのだが。

この話に「エェッ ? それ、失われたって言われてる映画のコトじゃないの ??」と叫んで興味を持つ、特撮ヲタクな介護士や医師は、この施設に1人もいないのであった…。

ご静読、ありがとうございました。
| 今週のわたくし2015 SUBCULTURE DIARY 2015 | 07:33 | comments(7) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
小山様、先日は私の記憶のフォローをして頂き、ありがとうございました!おかげ様で久々に、あの大仏を見られました。ググると懐かしむ人が複数いて、やはりインパクトある画だったと再認識しました。タロウ版の映像も見たかったですが、確か脚本に、実在の大学名をギャグっぽく入れていたはずなので、去年のクドカンドラマのように、問題になったかもしれません(笑)。そして告白しますと、「老Z」は劇場で見たのに、ヒロインのファミレス制服しか覚えておらず、大仏が出ていたことは、完全に忘れていました!私はパイレーツ世代なので、江口ヒロインに弱いです(笑)。今度再見します。
それでは、次回も楽しみにしております!
| 豆はんてん | 2015/03/03 10:22 AM |
読んで頂き、ありがとうございました。

豆はんてん様は、たぶん同年代と推察しますが。
江口先生の画とギャグは、わたくしも好きです。「煮〜えた乳房は」とか、いまだに思い出します。

アチコチで書いてますが、五十肩で苦しんでまして。
もう4か月目に突入、今日は右手のヒジから指先まで痺れが。
『大佛』ネタ書いてるうちに治ると思ったんですけど、まだまだ…年ですね〜。
| J・KOYAMA | 2015/03/03 8:54 PM |
お疲れ様でした。
拝読するたびに思います。
「引き出し多いなあ。すごいなあ」

と。
| 枕 | 2015/03/04 12:03 AM |
どうも、です。

そういえば枕さん、「工場の幽霊」コラージュって発表してなかったですね。
スッカリ忘れておりました、やっぱ年ですワ。
| J・KOYAMA | 2015/03/04 1:46 PM |
おやおや。五十肩かよ!小山さん(笑)
受診はしたのか?
俺は以前、三十肩だって云われたことがあったが、今はお蔭様でなんともない。
体は一つしかないんだから、無理すんなよ。
| K☆M | 2015/03/20 5:14 PM |
年末に左から発症して治ったと思ったら、今度は右だよ!
昨日今日と、右腕のコンディションは最悪。
聞いてはいたが、辛すぎるね〜コレ。

ところで、ハンドルネーム変えたの?
| J・KOYAMA | 2015/03/20 9:44 PM |
それは御可哀想に……

そう、変えたよ。
常に変化を求めるんで(笑)
| K☆M | 2015/03/24 11:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873707
トラックバック