タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 映画『大佛廻国』のことを、わたくしなりに [12] | TOP | 映画『大佛廻国』のことを、わたくしなりに [14] >>

映画『大佛廻国』のことを、わたくしなりに [13]
この映画の主役は、言うまでもなく大仏なのだが、人間ドラマ部分の主演者もいる。
喜劇の名優で、淡海節と呼ばれる自作の唄でも人気だった特別出演の志賀迺家淡海 (1883 - 1956) 以外は、無名俳優ばかりと思っていたが。

下は、主演の男女優と思われる。

石川秀道 (1902 - 没年不詳 読みは、しゅうどう) は東京生まれ、名優・井上正夫 門下。
京都の撮影所を中心に活躍、日活の『血煙高田の馬場』(1937)『鴛鴦歌合戦』(1939) に出ている。
戦後も、脇で活躍。
ニュー東映に移籍していたようで、三國連太郎主演の消防士モノ『わが生涯は火の如く』(1961.6) で医師役、矢島信男の特撮が冴える『宇宙快速船』(1961.7) で博士役。
これが最後の映画出演か ?

薄幸の娘役と思われる小島一代も、当時中堅どころの女優。
1928年から36年まで、東亞キネマ中心に出演歴があるようだ。

前にも書いたが、大仏や閻魔大王を演じた役者は不詳である。
| 今週のわたくし2015 SUBCULTURE DIARY 2015 | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873702
トラックバック