タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 映画『大佛廻国』のことを、わたくしなりに [14] | TOP | 映画『大佛廻国』のことを、わたくしなりに [16 映像] >>

映画『大佛廻国』のことを、わたくしなりに [15 マンガ]
『大佛廻国』という特撮映画は、キング・コングやゴジラのように、のちのクリエイターに影響を与えているのだろうか。
ひょっとしたら作者が観ていて、影響を受けたかもしれないマンガがある。

「赤ん坊帝国」
高野よしてる版 少年画報 1952年6月号〜1953年9月号
泉ゆき雄のリメイク版 少年画報 1964年1月号〜1965年12月号

実は、高い知能を持っている赤ん坊たち。
人知れずチームを組み、世界平和のために宇宙からの侵略者と戦っている。
奇想SFマンガとして、歴史に残る怪作。
なんと、ロボットにされた大仏が登場する。

『大佛廻国』を、九州生まれの高野よしてる (1923 - 2008) は幼時に観ているのかなぁ。

高野版では、宇宙人側にロボット化された奈良の大仏と、赤ん坊帝国側がロボット化した鎌倉の大仏の対決が。
鉄人28号の先駆 ?
映画『妖星ゴラス』の地球移動ロケット基地や、実写版『ジャイアントロボ』最終回を思わせる展開も あるらしい。興味深いな。
http://homepage3.nifty.com/kaihokei/
Sakka70/70S_tagyo.htm#takano


高野版でも飛んだようだが、泉のリメイク版でも、宇宙まで飛行可能。

凄すぎる !
| 今週のわたくし2015 SUBCULTURE DIARY 2015 | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873699
トラックバック