タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 映画『大佛廻国』のことを、わたくしなりに [2] | TOP | 映画『大佛廻国』のことを、わたくしなりに [4] >>

映画『大佛廻国』のことを、わたくしなりに [3]
これは、早稲田大学演劇博物館に所蔵されている、鶴田嘉七郎コレクションの『大佛廻国』チラシである。

質の悪いピンク系の紙に印刷されており、チラシといっても、ポスター大のものらしい。
立石駒吉が案出したのか、惹句が面白すぎ。

・是ぞ九千萬同胞に捧ぐる不朽の聖典 !!!
キヤメラ・ウオークの極致 !!!
日本映画の最高峰篇

・種々重罪 五逆消滅 自他平等 即身成仏

・オールトーキー パート天然色映畫 大佛廻国

・兎に角この超巨大 大佛如来が全國を行脚して
九千萬國民を済度せんとする
實に空前絶後の大企劃 !!
まさに驚天動地の大事件・・・・・

・九千萬國民一人残らず見せたい映畫 ! 
否 !! 國民一人残らず必見の大映畫はこれ

・地獄・極楽・賽の河原を天然色を以て展開せしめ !!
生者必滅の理りを描写し尽せる蓋し稀に見る異色大作

・『大佛廻国』を見ずしてトリツク映畫の勝利を語り得ません !!
考えて御覧なさい !! あの『キンク・コング』の二倍もある大佛さんか
汽車を跨いたりビルデイングを枕にしたり
全く口には語れません (か や た の濁点ナシだが、原文通り)

・座して六十二尺立ちて百十尺の大佛如来の全国行脚 !!!
奇想天外 !!
曾て人間の想像し得なかつた大トリツク映畫来る !!!

・大佛如来には… (判読出来ず) …で御座います !!

「突如18日僅か1日限り」の上映が行われたという、日昇館が どの県にあったのか不明。

チラシの隅に、同時上映されたと思われる映画が4本書いてある。
『スーキー』は1931年のアメリカ映画で、人気子役のジャッキー・クーパー主演。
『日本厳窟王 後篇 疾風迅雷編』『流れ雲 榛名峠』は、共に1934年11月公開。
ハヤブサヒデト主演『暁の超特急』は、1934年12月31日公開。

ということは。
1日限りの上映があった「18日」というのは、『大佛廻国』公開の翌年。
1935年になってからの事だろう。

| 今週のわたくし2015 SUBCULTURE DIARY 2015 | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873692
トラックバック