タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 李香蘭 = 山口淑子、アジア・日本・ハリウッド [36] | TOP | 李香蘭 = 山口淑子、アジア・日本・ハリウッド [38] >>

李香蘭 = 山口淑子、アジア・日本・ハリウッド [37]
『シャングリラ』は、ニューヨーク・ブロードウェイで1956年6月13日より3週間・21回 上演された。

山口淑子は、シャーリー山口名義。
共演はデニス・キング、ジャック・キャシディ、マーティン・グリーン、ハロルド・ラングほか。
演出はアルバート・マッレ。
山口は自伝で、役名をゴールデン・ベルと書いているが たぶん記憶違いで、プログラムではロー = ツェンになっている。

結果的にロングランとは行かなかったが、 ニューヨーク・タイムズの批評は良好。
だが、一般観客には「山口の歌声が小さかった、演技も こなれていない」と不評だった。
しかし、前記のような強行軍の出演状況を考えれば、善戦と言って良かろう。
もしロングランしていれば、彼女の「その後」は大きく変わっていたに違いない。

ミュージカルとは別で、山口の運命を変える出逢いも同時に訪れていた。
当時 国連大使の秘書官 (外交官補) をしていた大鷹弘が、楽屋に ことづかった花束を届けに現れたのだ。

山口は、7歳年下の大鷹と約2年後の1958年4月に再婚することになる。

ところで、ブロードウェイをブロードウェーと表記する場合があるようだが。
今朝のワイドショーでもそうなっていた。
でも、WAYだからねぇ。ブロードウェイが妥当じゃないか。
| 今週のわたくし2014 SUBCULTURE DIARY 2014 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873680
トラックバック