タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< A・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 [30] | TOP | 実写版『鉄腕アトム』のカニ男は気になる [4] >>

『猿飛佐助』の特撮カット特集 [9]

服部半蔵の分身術。

この回は佐川和夫が特撮を担当しているが、変型ブーメラン風の大型手裏剣が回転しながら飛んでゆく「操演」が凄い。
モーション・コントロールによる別撮り合成や、もちろんCGじゃない。
回転力は、どのように与えられているんだろう ?

墓地で襲われる佐助、大型手裏剣は卒塔婆はおろか墓石まで切断する。

前番組の『西遊記供戮世辰燭、数十羽のカラスが羽ばたきながら飛んで行くという場面に驚いた記憶があるけど、この時期の日本の操演技術、芸術の域に達していたんじゃないか。
| 今週のわたくし2013 SUBCULTURE DIARY 2013 | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873501
トラックバック