タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< ハリウッド版ゴジラが また来る [14] | TOP | ダニエラ・ビアンキ 映画出演第6作 『虎は新鮮な肉を好む』(1964) [5] >>

手塚治虫が幼い頃に観た、謎の映画 [2]
謎の映画『ラジウムX』は、『透明光線』(1936) と判明していた。
では、同時上映されていた『大自然と創造』は ?

手塚によれば、ドイツ・ウーファ社 (最近はウーファー表記らしい) 製の文化映画で、地球の誕生から終わりまでを特撮を交えて描いているという。
恐竜の生態や、胎児が成長し大人になるまでをモデルアニメで表現したカットも。
後者は、手塚の母が感嘆する出来映えだったという。
ただ、太陽系の惑星が廻っている特撮は下手で、メリーゴーラウンドのような「仕掛け」が見えていたそうだ。

石上氏は この映画を、「確認出来なかった」と注釈で書いているが、キネ旬の作品大鑑を調べ、それらしい内容の映画として2本を挙げておられる。

今回 調べると。
そのうちの1本『人類一億年の暴露』(1934 アメリカ) は、エドウィン・キャレウェ監督によるドラマであり、問題外だったが。
わたくしは先日、もう1本の『世界の一億年』(1923、日本公開1930) をネットで観て、この映画が『大自然と創造』ではないか ?…と考えた。

『世界の一億年』(原題 Evolution、別題 Darwin's Theory of Evolution から 『ダーウィンの進化論』と紹介される場合もある) は、アニメで成功したマックス・フライシャーが、野心を持って文化映画に挑んだ40分強の短編だ。
アメリカ自然史博物館に監修を仰ぎ、ダーウィンの進化論を、生物の記録映像や様々な人種の映像、モデルアニメの恐竜や人類の祖先のリアルな復元彫刻も交え描く短篇である。

同年にマックスは、アインシュタインの相対性理論を取り上げた文化映画も作っており、これも好評を博したという。
息子で映画監督のリチャード・フライシャーは、著書「マックス・フライシャー アニメーションの天才的変革者」(2005、2009 作品社・刊) の中で本作が大ヒットしたと書き、宗教上の理由から進化論を否定する人も多いアメリカのこと、上映館では口論・殴り合いが起きたとも書く。
この後、『ポパイ』や『ベティ・ブープ』のシリーズで更に有名となるマックス・フライシャーは、本作を気に入っていたそうだ。
| 洋画貼雑帖 FOLDER OF FOREIGN MOVIES | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873470
トラックバック