タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< ダニエラ・ビアンキ 映画出演第4作 La Spada del Cid (1962) [1] | TOP | 例によって、暫く空きます >>

松坂屋とゴジラ [3 完]
松坂屋銀座店のミニチュア製作中。25分の1スケール。


ゴジラが松坂屋を炎上させるシーンで もう一つ印象に残るのは、3人の子供を抱きしめ デパートの前に うずくまり、無理心中しようとする母親の描写だ。
「もうすぐ おとうちゃま のところに行くのよ」
というセリフは、お涙頂戴を超えたインパクトがある。

中国語 字幕付きVCDより。

映画『ゴジラ』の東京破壊シーンに、戦争・特に東京大空襲の記憶がオーバーラップされているのは、ちょっと歴史に興味のある現代の小学生にも指摘出来ると思う。
ただ、ときどき言われるように、この母親は夫を戦争で亡くした「戦争未亡人」で、子供たちは「戦災孤児」なのだろうか。
1954年…戦後9年目の夏。抱きしめている3人の子供たち、戦中か戦後すぐに生まれたにしては「幼すぎる」ように思えるが。

わたくしなりに推理してみると。
母親は、「ゴジラ事件」前後に夫を亡くして生活苦で行きづまり、銀座界隈で子供を抱え路上生活に近い状況に置かれていたが、夜半に上陸したゴジラの「力を借り」、衝動的に「母子無理心中」を図ろうとしたのでは…?
クドクド書くと、コアなファンの「思い込みから昇華されたイメージ」が汚れるんで、このへんで止めておきます。

シナリオによれば、母子がうずくまっていたのはデパートの前じゃなく、「デパートの裏口」なんだって。
そのあたりも含め、悲しい場面。
だが、銀座通りを歩いてきたゴジラに、母子が直接踏みつぶされたという可能性は低そうである。
松坂屋は炎上したが倒壊描写は ないので、火の粉で火傷は負ったが辛くも生き残り、母親が思い直して子供たちと新たな人生を歩んだ可能性もある。
生きてこそ ! そう思いたい。

母子のシーンにインスパイアされたマンガがあったと思う。
「The ゴジラ comic」(1990.1) とかに載っていたのか…よしもとよしとも の傑作「東京防衛軍」にも、そんな場面があったような ?

ネット上で裏口 (の中のひとつ) 写真を見つけたので、貼っておきます。


母親を演じていたのは、三田照子という (大部屋 ?) 女優さん。

JMDBによれば戦前、1934年の時代劇に名が出ている (同姓同名の女優の可能性も あるが)。
戦後、東宝と専属契約したらしい。
ネット上で名が確認出来るのは、1951年の山本嘉次郎 監督『女ごころ誰か知る』あたりから。
東宝映画のデータベースも参照すると、女中おはま という役名が付いた1953年の斎藤寅次郎 監督『総理大臣の恋文(ラブレター)』以降…
『浮雲』『ゴジラの逆襲』『33号車 応答なし』『ジャンケン娘』『ロマンス娘』『囚人船』『サザエさん』『孫悟空』(三蔵法師の母親役)
『日本誕生』『太平洋の嵐』『モスラ』(ダム決壊で鉄橋が流されるシーン、夏木順平 演じる亭主とリヤカー引いて逃げてきた茶店の おかみさん役…落っこちた赤ん坊の母親ってことか)
『世界大戦争』『二人の息子』『箱根山』『ひばり チエミ いずみ 三人よれば』『続 社長忍法帖』
…多数出演。
1968年の千葉泰樹 監督『若者よ挑戦せよ』が、最後の出演作品かも知れない。

テレビ『ウルトラQ 1/8計画』(1966) で村上冬樹と一緒に出てくる、笑顔が薄気味悪い民生委員が あの母親と同じ女優とは。
ノークレジット出演なので、今日まで気が付かなかった !
テレビでは、『特別機動捜査隊』などにもゲスト出演している。

※ 同姓同名の童話作家も いるらしい。
| 邦画貼雑帖 FOLDER OF JAPANESE MOVIES | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873440
トラックバック