タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< ロシア巨大隕石関連 映画・テレビの隕石場面特集 [10] | TOP | 松坂屋とゴジラ [1] >>

『ローラ』のアヌーク・エーメ [5]
公開時のポスター。

本作を「ヌーヴェル・バーグの真珠」と激賞したのは、ジャン = ピエール・メルヴィル監督 (1917 - 73、『サムライ』『仁義』『影の軍隊』) であった。

アヌーク・エーメの踊り子衣装、これらのポスターのように水色が使われてたのかな。

水色を配色したのは、「恋は水色」っていうシャレですかね ?

公開当時のサントラ盤にも、水色が。

「ローラの歌」の作曲は、本作が初コンビとなり『シェルブールの雨傘』などで成果を出すミシェル・ルグラン。
アヌーク・エーメの歌は、ジャクリーヌ・ダノによる吹き替え という。
作詞のアニエス・ヴァルダは、ジャック・ドゥミー監督夫人で有名な映画作家だが、結婚したのは『ローラ』公開の翌年、1962年だ。

和泉雅子さん じゃありませんよ、アニエスとドゥミー。

1990年に、59歳という年齢でエイズのため亡くなったドゥミー (死因は白血病とされていたが、2008年に公開されたアニエス・ヴァルダの自伝ドキュメンタリー映画『アニエスの浜辺』以降 明かされた格好に)。
二人の間には、映画衣装の仕事をする娘と俳優になった息子がいるそうだが。
感染時期は不明なれど、アニエスがエイズのキャリアという話は聞かないし。
血液製剤や注射針が原因でなければ、ドゥミーはオトコも好きな…晩年までバイセクシャルだったっちゅうコト ?

最近は、ジャック・ドゥミーでなく「ドゥミ」と表記するんですね。
ヨーロッパ・ロケ & 外人キャストの日本映画『ベルサイユのばら』(1979.3 東宝) まで撮ってくれたヒトとは、別人みたい。
昭和は遠くなりにけり…
| 洋画貼雑帖 FOLDER OF FOREIGN MOVIES | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873434
トラックバック