タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< マイティ号、飛翔 [6] | TOP | 『ローラ』のアヌーク・エーメ [1] >>

コアな日本映画マニア必読 ! 「ウィリアム・ロス 映画人生 五〇年」 [7 完]
ウィリアム・ロスに関し、中日新聞に記事が載った記憶があったのですが。

1983年4月に、森繁久彌主演の東宝映画『小説吉田学校』公開と競合する形で放送された、やはり森繁 主演のTVスペシャルドラマ『吉田茂』でマッカーサーを演じていることから、直前に掲載されたタイアップ記事と思っていたのだけれど…
掲載は、放送の3か月も前の1983年1月。
図書館で縮刷版を調べるとき、手間取りました。
撮影終了後すぐだったのでしょうか。

マッカーサーの扮装をした写真が目を引きますが、本書に先駆ける、当時「映画人生三〇年」だった“外タレ”ロス氏の小史となっていました。
『男はつらいよ』シリーズなどの英語版作成話はもちろんの事、自ら寅さんの吹き替えを記者の前でやって見せたとか。
「ウィリアム・ロス 映画人生 五〇年」の出演リストに無い映画やテレビ番組も載っており、興味深いです。

それにしても…
森繁が「グッド・アクター」とロス氏を褒めた話はともかく、「マッカーサー役にバート・ランカスターかロバート・スタックの起用も考えたが、ロス氏に落ち着いた」とゆー『吉田茂』ディレクター氏のコメントは、ビッグマウスすぎるよな (笑)。
ちなみに、映画『小説吉田学校』でマッカーサーを演じたのは、リック・ジェイスンでした。

労作を ものされた共著者の染谷氏には、写真も掲載した本書の「増補改訂版」を いつか作って頂き、在日外人俳優の更なる謎を追ってほしいと思います。

ハロルド・S・コンウェイの奥さんは日本人だったとか…その辺が、次の「突破口」になるのでは ?
| 邦画貼雑帖 FOLDER OF JAPANESE MOVIES | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873403
トラックバック