タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 2012年のマイベストを考える [2] | TOP | 新年挨拶2013 >>

2012年のマイベストを考える [3 完]
2位...捕まった宇宙人写真の初出、判明
最初に見たのは少年誌のグラビアだったはずですが、有名な「捕まった宇宙人写真」の初出誌が判明していたんですね。

メキシコシティー付近に墜落したUFOから発見された、小人宇宙人。
調査のためドイツに送られたらしいが、その後の結果は発表されていない…。
「1950年代に、西ドイツのケルンの新聞に掲載された写真」というのが定説だったが、それは「西ドイツの週刊誌 Neue Illustrierte (ノイエ・イルストリーアテ) 1950年4月1日号」であった。
http://forgetomori.com/2012/ufos/the-fbikgbss-alien-photo-found/

円盤は火星から来て、1950年3月21日にアメリカ・アリゾナ州フェニックスの砂漠で米軍戦闘機に撃墜される。
カプセルで脱出しデスバレーで捕まった宇宙人 (火星人) は身長70センチで、アルミ箔のような服を着ていたという。
軍が真空の部屋へ収容、そのあとは知れない…。

これは、もちろんフェイク記事。
次週の4月8日号には“種明かし”も掲載された、エイプリル・フール用の「企画」だったわけだが。

種明かし記事によれば宇宙人の顔は、ローラースケートのグループ Lidstones の代表と思われる男性 ジェームズ・リドストーンの写真コラージュという。
宇宙人のブーツはスケート用に見えるという見解が載っていたが、痩せたボディについては良く解らないようだ。

下のサイトに書いてあったように、第2次大戦後すぐという事から、当時その惨状が明かされ、世界を震撼させていたナチ強制収容所の、痩せたユダヤ人写真を加工したものではないかという推測も否定出来ぬ。
まだ、多くの謎を孕む この写真。
製作者が もし存命なら、インタビューして欲しいなぁ。
http://giga.world.coocan.jp/ufo/photo/captured
_alien.html

http://giga.world.coocan.jp/ufo/photo/captured
AlienTrue.html



1.5位...2階のトイレで「あわや」
ウンコがデカかったか、粘度が尋常でなかったか。
2月のことだが、流すとき詰まって、洋式便器の便座スレスレまで水位が上がってきたときはキモを冷やした。
モチロン、生まれて初めてのことだ。

写真を貼っておくが、すぐそばの書斎までは完全にフラットなので、溢れた自分のウンコ水は床置きした映画本やDVDに染み、「クサイもの」にした事であろう。おそろしや。

トイレ (写真下、左の扉) は階段を上がりきったところにあるため、ウンコ水は1階までも流れ下って、かなりの惨状を呈したはず。

どうやって掃除するか、途方に暮れたろう。

物凄い音と共に詰まりが抜け、ウンコが流れ水位が急速に下がった時はヘナヘナとなり、トイレの神様に感謝した。
あれから…2階のトイレでは、1回もウンコしていない。

1位...51歳に なれた
昨年12月で、父が生きた年月・50歳7か月を越えたが、特に何事もなく51歳も迎えることが出来た。
「父が経験出来なかった年齢を生きてるんだなぁ…」という実感と共に、「自分はヒトと比べて いろいろ弱いから、父以上に短命だろう」と諦観しつつ、長いものに巻かれ生きていた昔の自分のことを思い出す今日この頃。フハッ。
| 今週のわたくし2012 SUBCULTURE DIARY 2012 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873309
トラックバック