タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< JOJI in HALLOWEEN [1] | TOP | JOJI in HALLOWEEN [2] >>

007シリーズ第1作『ドクター・ノオ』 トリビュート資料本
日本では当初『007は殺しの番号』として1963年に封切られた、007シリーズ第1作。
1972年のリバイバル公開時に『ドクター・ノオ』と改題され、今に至る。
イギリス本国では ちょうど50年前、1962年10月に封切られた。


そう、007映画誕生から50周年に当たる今年は、7月のロンドン五輪開会式への出演やら10月のブルーレイBOX発売やら12月のシリーズ第23作『スカイフォール』公開やらで、007は賑やかなことになっているようだ。
で、こんな本も出版されたらしい。
「第1作のみ」のトリビュート資料本である。

ディアゴスティーニのDVDブックレットだって悪くはなかったが、1960〜70年代の作品をヲタク度の高い編集で紹介している「シネマレトロ」誌の別冊 ムービー・クラシックス・スペシャル第4弾として出た今回の本。
148ページ丸ごと使って「第1作のみ」を掘り下げるのである !
取り寄せしてまで欲しくはないが、洋書屋の棚にあったら買うだろうな〜。

この本は売れるだろう。
そして来年、制作50周年となる007「第2作のみ」の資料本が同社から出ると推測している。
ダニエラ・ビアンキさんのレア写真を、た〜くさん発掘してもらいたいものだ。もし出たら…2冊 (観賞用と保存用) は買う、ゼッタイ !
| 今週のわたくし2012 SUBCULTURE DIARY 2012 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873267
トラックバック