タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 実写版『鉄腕アトム』のカニ男は気になる [2] | TOP | 実写版『鉄腕アトム』のカニ男は気になる [3] >>

A・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 [29]
『海底二万哩』 (1954) アメリカ
20,000 LEAGUES UNDER THE SEA

監督 リチャード・フライシャー
カラー・ワイド、日本公開1955年。

ウィットロックは、タイトルデザイナーを担当。ノークレジット。
アメリカに渡ってからの、記念すべき第1作。

日本で初ビデオ化されたときは『海底20000マイル』、現在のDVDは『海底2万マイル』表記である。
ディズニー初のシネマスコープ・ワイド画面の実写映画 (ちなみに、シネスコ初のアニメ映画は翌年の『わんわん物語』)。
ジュール・ヴェルヌの海洋冒険SFを映画化した。

ディズニー専属の美術デザイナーだったハーパー・ゴフ (本作には出演もしている。フライシャー監督と仲が良かったのか、彼の『ヴァイキング』『ミクロの決死圏』にも参加) によるノーチラス号のグッド・デザイン、美しい水中撮影、大イカとの戦いなど見せ場も豊富。

ジェームズ・メイスンのネモ船長、カーク・ダグラスの銛打ち名人ネッドほか、役者も一流どころを揃えている。

アカデミー賞の美術賞、特殊効果賞 (ディズニー・スタジオ名義で受賞。視覚効果にピーター・エレンショー ラルフ・ハメラス アブ・アイワークス フレッド・サーセン マーセル・デルガドらが、特殊効果にロバート・A・マッティ ジョン・ヘンチ、エフェクトアニメにジョシュア・ミードーらが参加) を受賞。
| アルバート・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 matte artist ALBERT WHITLOCK | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873136
トラックバック