タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 「いまだから語れる80年代アニメ秘話〜スーパーロボットの時代〜」 | TOP | 新聞投書欄に載っていた 大河ドラマ『平清盛』批判には、「納得するしかない」 >>

A・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 [27]
『豪族の砦』(1953) イギリス・アメリカ合作
ROB ROY : THE HIGHLAND ROGUE

監督 ハロルド・フレンチ
モノクロ、日本公開1955年。

ウィットロックは、ピーター・エレンショーを補佐しアシスタント・マット・アーティストとして参加。アルバート・ウィットロック名義だがノークレジット。

イギリスでディズニーが制作した史劇。

IMDbによると、今度は合作となっている。資金がらみか ?
撮影は、のち監督に転身し『いくたびか美しく燃え』などを撮ったガイ・グリーン。

1715年、スコットランドとイングランドは王位継承を巡り対立していた。スコットランドのマッグレガー一族を率いる、ロブ・ロイを主役にした物語。

ロブ・ロイ役のリチャード・トッドと許婚者メアリー役のグリニス・ジョーンズ、コンビ再び。
ジェームズ・ロバートソン・ジャスティスとマイケル・ガフの助演まで同じ。
ほかにフィンレー・カーリー、ジョフリー・キーン、エリック・ポールマン、マイケル・グッドリーフ など戦争映画や史劇で名を聞いた覚えのある役者が共演している。
| アルバート・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 matte artist ALBERT WHITLOCK | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.koyama.mond.jp/trackback/873094
トラックバック