タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 刮目して待つ ! 『坂の上の雲』のクライマックス | TOP | 総天然色ウルトラQ 『クモ男爵』 [1] >>

A・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 [22]
『マレー・ゲリラ戦』(1952) イギリス
OUTPOST IN MARAYA
オリジナル・タイトルは PLANTER'S WIFE

監督 ケン・アナキン
モノクロ、日本公開1953年。
ウィットロックはビル・ウォリントンと共に特殊効果を担当、アルバート・ウィットロック名義。

シンガポールでゴム農園を経営する夫婦と、襲ってくる匪賊 (土人ですな) の戦い。

アメリカから招いた名女優クローデット・コルベールとジャック・ホーキンスが夫婦役、ほかにアンソニー・スティール、ジェレミー・スペンサー、ビル・トラヴァース、アルフィー・バス。
のち監督 (『怪人フー・マンチュー』『怒りの日』) に転身した、オーストラリア出身のドン・シャープ (東宝の日米合作特撮映画『緯度0大作戦』にも名を残す、あの人だ) がチョイ役で出演している。
撮影はジョフリー・アンスワース。ロケはスリランカで行われた。

アナキンのアクション演出も当時はイマイチだったか、双葉十三郎は40点と厳しい採点であった。
| アルバート・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 matte artist ALBERT WHITLOCK | 09:07 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする