タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< “はっきょう”は、禁止用語じゃナイんだっけ ? | TOP | A・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 [21] >>

A・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 [20]
『三十六時間』(1949) イギリス
THE LOST PEOPLE

監督 バーナード・ノウルズ (ミュリエル・ボックスと共同になっている資料も)
モノクロ、日本公開1951年。

ウィットロックは、F・グイドバルディ (フルネームは、フィリッポ・グイドバルディというらしい) と共に特殊効果担当として参加。A・ウィットロック名義。

第二次世界大戦後、ドイツ軍に抑留されキャンプ労働させられていた各国の民衆が開放される。
彼らが家路につく途中、宿舎の劇場で過ごす三十六時間を描いたグランドホテル形式のドラマとのこと。
原作は戯曲。

難民を監督する英軍大尉にデニス・プライス。ほかにマイ・ゼッタリング、リチャード・アッテンボロー、シオバン・マッケンナ、マックスウェル・リード、ウィリアム・ハートネル、ハーコート・ウィリアムスほか。
ノークレジットでハーバート・ロムも出演。

『ベン・ハー』『ナバロンの要塞』『レイダース 失われた聖櫃』にも出ているタット (トゥート)・レムコウ (1918 - 91) もクレジットされている。
ノルウェー出身の男優。本作は2本目の出演映画である。本職はダンサーらしく、『暗闇でドッキリ』ではコサックダンサー役であった。遺作は『レッド・ソニア』。
この人が『ベン・ハー』で顔の出ないキリストを演じた…という情報を長い間信じていたが、実際に演じていたのはアメリカ人のクロード・ヒーターだと今回調べて知りました。
| アルバート・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 matte artist ALBERT WHITLOCK | 10:20 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする