タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< A・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 [18] | TOP | “はっきょう”は、禁止用語じゃナイんだっけ ? >>

A・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 [19]
『コロンブスの探検』(1949) イギリス
CHRISTOPHER COLUMBUS

監督 デヴィッド・マクドナルド
カラー、日本公開1950年。
2作続けてのマクドナルド作品で、ウィットロックは特殊効果担当として参加。A・ウィットロック名義。

アメリカから名優フレドリック・マーチを招いて制作された大作。

ウィットロックの「仕事」は かなり多そうだ。

イタリア人・コロンブスがスペイン宮廷の援助を得るも、待つこと6年。
1492年8月に念願であった「大西洋を西に向かいインドに達する航海」を実現したところ、10月に“新大陸 (サン・サルヴァドル)”を発見する。
彼は英雄となるが、宮廷の風向きは変わり逮捕。失意のうち世を去った。
共演は理解者のイザベラ王妃にフローレンス・エルドリッジのほか、フランシス・L・サリヴァン、キャスリーン・ライアン、リンデン・トラヴァース、デレク・ボンド、ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス、エイブラハム・ソフィアなど。

未見だが、双葉十三郎の短評によれば、「教科書みたいな作品」とのこと。
ただ、いい意味でのイギリス映画の退屈さを指摘した上で60点を付けているので、後半のスペクタクル場面は楽しんだと思われる。

余談だが、監督のデヴィッド・マクドナルド (1904 - 83) は本作のような重厚大作を完成させた5年後に、こんな珍作を撮っている。

『火星から来たデビルガール』(1954 日本未公開) …。
いくら当時 空想科学映画が流行だったとはいえ、この落差 ! 日本版DVDもあるので、是非どうぞ (笑)。
| アルバート・ウィットロックの「マット・アーティスト道」 matte artist ALBERT WHITLOCK | 08:29 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする