タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 芦田愛菜主演で、「童夢」映画化を ! | TOP | 浩宮様と「怪獣図鑑」 [1] >>

総天然色ウルトラQ 『バルンガ』 [6]
このような『バルンガ』のシナリオを書いた虎見邦男 (1930 ? - 67) は、特撮ファンにとって謎の多い人物です。 

・ 脚本家の山田正弘氏とは、学生時代から交友があった。
「新宿伊勢丹裏の ぼろん亭 のママはおクマといった。本名は知らない。山田がおクマと呼び捨てにするので私もおクマさんと呼ぶようになった。ウルトラQの傑作『バルンガ』のシナリオを書いた虎見邦男の奥さんであった。
虎見は都会人のお洒落を独り占めしたような男だった。1967年の3月下旬、急逝した。まだ三十代半ばだった…バルンガのように行っちゃったね、山田は友を失って呆然とするばかりだった」(上原正三)

・ 虎見氏は、SFに造旨の深いアイディアマンだった。
途中まで出来ていた虎見氏の遺稿プロットに手を加え、 原案・虎見、脚本・山田正弘 上原正三 両氏の共作として完成した『バルンガ』以外で唯一の作品『ウルトラセブン 32話 散歩する惑星』(1968) は、SF的アイディアの散りばめられた、その後のSF作品に影響を与えた要素満載の作品 (地球に侵入し、防衛軍基地に向かってくる謎の浮遊惑星にいた怪獣リッガーは実はメカ。しかも頭部に惑星の誘導装置が仕込んであったという2段構えの仕掛けあり) に仕上がっています。
監督を担当したのも『バルンガ』の野長瀬三摩地 氏 (1923 - 96)。
これは、両氏と監督からの虎見邦男氏へのレクイエムと受けとるべきと思います。
サイト「ウルトラセブン クレージー・ファン・ブック」より 要約・補足
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~okhr/sight7/
page32.htm


・ 新宿伊勢丹の裏通りに「ぽろん亭」はあった。脚本家・山田正弘さんの行きつけの店で、ボクも誘われて通うようになった。
店を切り盛りするのはおクマさん。美人で気さくなママだった。おクマさんのご主人が『ウルトラQ バルンガ』の脚本家・虎見邦男さんである。ボク達が話していると、頃はよしとばかりに現れる。
ビルそのものが虎見家のもので、虎見さんが最上階に住んでいた。お洒落で、性格もシャイで無口、バルンガのように茫洋とした人だった。山田さんとは兄弟のような仲の良さだった。
1967年3月末、虎見さんは急逝した。虎見さんはウルトラセブンのプロットを用意していた。それが『散歩する惑星』である。原案・虎見邦男のタイトルには、山田正弘さんの友に対する愛情の情が込められている。 (上原正三)
食玩・ウルトラ怪獣名鑑ブックレットより
http://www10.atwiki.jp/ultrakaijumeikan/pages/149.html

所有しているビルで奥さんに店 (スナックだと思ったが喫茶店らしい) を経営させ、たまに店に現れては…って、イイ御身分の方ではないか。
ビルの最上階から空を眺めつつ、バルンガの構想を練っていたのだろうか。
ちなみに野長瀬監督も ぼろん亭 に現れ、ペンネームである南川龍の名で占いをしていたそうな。

・ 虎見邦男は「三十代半ばで亡くなった」というが、山田正弘(1931 - 2005) の述懐によれば37歳だったそうだ。だから、1930年頃の生まれであろうか。
山田が卒業した、お洒落な学生が多かったという文化学院文学部の同窓生かもしれない。
「全然こういう (テレビ・特撮 ?) 仕事をしていなかった人」で、友人の山田が持ちかけ、シナリオを書かせた。
ただ、バルンガという“動かない、何もしない怪獣”が登場するだけに、監修者である特技監督・円谷英二以下頭を抱えてしまい、山田は完成するまで彼にずっと付き合ったという。
よく映像化までこぎ着けたものだ。海外作品にヒントは得ているとはいえ、シナリオに力があったからだろう。
ユニークな発想をする人。小説家のような仕事もしたかったようで、準備をしていたともいう。
野長瀬監督は「不思議な脚本すぎて、手探りで作った」と語っている。
「フィルムブックス ウルトラQ 4」(1985 小学館文庫) より 抜粋・付記

最近の本には短絡して“文学者”と書かれているものもあるが、“文学者としても身を立てたかった男”だったのではないか。
「新宿にビルを所有」なんて、家賃収入もあったろうし、家は裕福としか言いようがないけれど、その後 一族はどうなったのかな。

※ 敬称の有無は、引用した文章に則りました。
※ 『散歩する惑星』として完成した虎見邦男のプロットというのは、『ウルトラセブン』がまだ『レッドマン』という仮題であった頃に書かれた「マンダスの島」という準備稿の事である。
海中から浮上した、強い重力場を持つ島が東京湾に迫る。実は火星の衛星・デイモスであり、そこには怪獣マンダスが居て…という筋らしい。
※ ビルを持っているといえば、一平くん役の西条康彦も西条ビルという貸しビルのオーナーらしい (現在は不明)。
| 『総天然色ウルトラQ』を観ながら思い出した、いくつかの事柄 (再開中) talk about ULTRA Q in color | 09:40 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする