タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< Bill McCreary 氏のビアンキさん紹介記事 | TOP | タイフェスティバル in NAGOYA 2011 [3] >>

日向冬樹役・川上とも子さん死去について、やっぱりここへも書いておこう
2011年6月11日の朝刊に載っていた。
6月9日に病気療養中のところ、亡くなられたそうだ。病名は卵巣がん。享年41。

テレビアニメ『ケロロ軍曹』は、本放送とアニマックスの再放送などを合わせ、全話数の8割ほど観たと思うが、彼女の演じていた日向冬樹というキャラに殆ど興味が無かったので、いつの間に2代目声優の桑島法子に代わったのかも知らなかった。

テレビの『ケロロ』では、2008年9月放映の230話Aパートが最後の出演。上はそのラストカット (冬樹は右の少年)。
2009年3月公開の劇場版『ケロロ』第4作には冬樹役で復帰しているものの、テレビでの復帰は放送終了の2011年4月まで ついになかった。
ただし声優として他のアニメ作品へは、2010年まで散発的に出演しているそうだ。

この方の代表作は、何といってもテレビアニメ『少女革命ウテナ』(1997.4 〜 12) の主役・天上ウテナだろう。
セーラームーンで当てた幾原邦彦監督が手掛けた、日本アニメ史に残る真のカルト作だ。
前衛宝塚みたいなノリでオヤジには気恥ずかしいところもあるが、♪絶対・運命・黙示録…をはじめとするJ・A・シーザーの楽曲使用、影絵少女のうわさ話、シュールなカット、画面の隅で廻る花など、一度観たら忘れられないだろう。
1999年に劇場版も作られ、これまたヘン (褒め言葉)。

時代が巡り、『ウテナ』のシリーズ構成・脚本家である榎戸洋司がクリエイトした『STAR DRIVER 輝きのタクト』(2010.10 〜 11.4) には、そのテイストが再現・移植されていた。
もしお元気になられていたなら、『ウテナ』劇場版以来、幾原監督が12年ぶり ? に監督する『輪るピングドラム』(2011.7 〜) への出演もあったろうに。残念。

ところで、『ケロロ』に『ウテナ』のパロディ回があっても良かったと思うが。
主役声優も出ていたし、『ケロロ』の佐藤順一監督は、幾原監督の師匠に当たるから…ひょっとして、未見の回でやってたのかな ?
| アニメ『ケロロ軍曹』のパロディ密度 about TV ANIMATION "KERORO-GUNSOU" | 10:34 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする