タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 2010年のマイベストを考える [1] | TOP | 2010年のマイベストを考える [3] >>

2010年のマイベストを考える [2]
10位...生クリステル
10月、COP10 (生物多様性条約第10回締約国会議) のイベント・生物多様性交流フェアのゲストで、名古屋に滝川クリステルが来る ! というからイソイソと (笑)。写真撮影は不可。当日の様子はフジ系『Mr.サンデー』でチラッと流れました。

身長と会場作りつけの椅子の高さが合わず、黒ストッキングのおみ足を何度も組み替えるのが見られただけでも、オヤジ感激 !

椅子に感謝 ?

9位...『スタードライバー 輝きのタクト』
TBS系で日曜の夕方やってる学園ロボットアニメ。3話に突如、1980年代中盤に流行した濃いぃメカ作画を再現したロボ (サイバディ) 戦闘シーンが登場、驚かせた。

担当したアニメーターは新井淳。このタッチが新鮮に感じられたか好評らしく、以後たびたび登板し披露している。

ちなみに、ヒーローロボは右の白い方ね。
何回か観られた、走るバスの上で唱う少女の軽やかな歌声 (曲はイノセント・ブルー) にのせ、バトルに突入する展開が好き。

8位...『フミコの告白』
爆走パンモロショートアニメ。NHKBS2『デジスタ』でも放映されました。

7位...『古代少女ドグちゃん』
「深夜放送にアリガチな、お色気特撮コメディ」と書いて間違いないけれど…オオッ、ここには風刺がある ! 続編『古代少女隊ドグーン』も出来がいい。

6位...『龍馬伝』
ポピュラーすぎる人物を扱いながら、凝った描写と美術、役者の好演で大河ドラマ史に残る異色作になったと思う。
龍馬と勝海舟が出会う16・17話あたりが、わたくしのベストエピソードか。
刑場に引かれる以蔵 (佐藤健) の片まぶたケーレンも印象的。

総集編もやってましたが、リクエスト名場面集みたいで出来は良くなかったです。全長版で是非どうぞ (中だるみの回もあるけど)。
| 今週のわたくし2010 SUBCULTURE DIARY 2010 | 23:58 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする