タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< ノイナーちゃんの日 2010 | TOP | また逢う日まで ! ザ・ピーナッツの小美人特集 [122・完] >>

いよいよファイナル ザ・ピーナッツの小美人特集 [121]
『モスラ』小ネタ集 その17

わたくしが劇場で初めて観た怪獣映画は、大映映画『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』と『大魔神』の2本立てだったと思います。『ウルトラQ』の大ヒットで怪獣ブームが巻き起こっていた1966年の春、ウチに近い名古屋・本山にあった二番館で父と観ました。あまりに面白くて熱狂しましたね。上映中に映写機がトラブルで止まり、フィルムが溶けていくのがスクリーンに映ったのをいまだに覚えております。

…ついでながら記しておくと、記憶にある最初に観た映画は、フランク・シナトラ主演の戦争映画『脱走特急』(1965) ではないかと思います。父母と、会社の保養施設を利用した関西旅行に行った後、母が先に帰り、父と一緒に名駅の劇場 (グランド ?) で観たはず。当時のわたくしは鉄道にハマっていたといいますから、たぶん看板を見て「観たい」とせがんだのでしょう。タイトルが分からなかったのですが、のちにテレビで放映されたとき記憶が蘇りました。
それ以前に東映のアニメ映画を観た記憶もオボロにあるのですが、なんだかスクリーンに恐怖して泣き出し、親がすぐに退出させたような…これでは観たことになりませんね。

怪獣映画の話に戻りまして…次に観たのは夏公開の東宝映画『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』。これも父に連れて行ってもらいました。後年、息子が飽きもせず怪獣にハマっているのを見かね、コレクションの“焚書”を実行する事になろうとは…このとき父は思ってもみなかったでしょう。
『ガメラ対バルゴン』の時もそうでしたが、父と怪獣ごっこに興じた記憶も残っております。何もかも皆懐かしい、イノセントな5歳頃のハナシ。

その次が、年末に公開された東宝映画『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』。ザ・ピーナッツもかつて歌った事がある名古屋の盛り場、今池にある東宝直営館・国際劇場で観ました (この館は取り壊されましたが名は残り、同地のビルの中で東宝系劇場として営業していたものの2006年に閉館)。劇場で観たゴジラ映画はこれが最初なんですな。おばあちゃんに連れていってもらったはずです。
…前にどこかで書いたかもしれませんが、この“おばあちゃん”は父母と血が繋がっているわけではなく…でも我が家の大恩人であります。今は同じお墓で眠っておられます…あ、そんな話はどうでもいいですね。怪獣映画の話だわ。
今回これを書こうと思っていて、記憶が蘇りました。この時、パネルに画鋲で留めて掲示してある「パンフレット」というモノを初めて知ったのです。凄く欲しかったのですが、すでに売り切れ。掲示分は売ってくれない (汚れているし、画鋲穴が開いており「販売出来ない」と言われたはず) とのこと。
わたくしはおそらく、幼児の特権“泣き”を行使したのでしょう…劇場のおじさんはなだめようと、余っていた劇場の立て看板用ポスターをくれました。ただこれが巨大なもの (縦長で巻いてあり、画をハッキリ把握出来ない) で、ありがた迷惑。ウチに持って帰ったものの飾ることも出来ずに、いつの間にか処分されたと思います。
今思うに、どうせその時も優しかったおばあちゃんに甘え、ムリを言わせたのでしょうね…おばあちゃん、ゴメン…そんな事もどうでもいいですか、この稿は小美人の話でした。

この『南海の大決闘』、昭和の時代に作られた怪獣映画では、小美人とモスラ成虫が登場した最後の作品であります (モスラ幼虫はこの後の作品にも登場)。
ザ・ピーナッツが小美人役を降板したあと、ペア・バンビという双子のタレントが2代目小美人を演じておりました。
ペア・バンビ、特撮本にもプロフィールが詳しくなく、わたくしはザ・ピーナッツが成功したあと登場した亜流タレントだとばかり思っていたのですが、間違いでしたね。
このカテゴリーを書くに当たりお世話になったファンサイト、インファント・ランド http://homepage.mac.com/infant/home/ に超貴重な対談がアップされております (「週刊明星」1960年7月)。

ペア・バンビの二人 (1944年4月生まれの岡田ゆうこ と ようこ) は年下ですが、芸歴ではザ・ピーナッツ (1941年4月生まれ) の先輩格 ! ビックリです。しかも、同じ愛知県人 !! 昭和の小美人は中部地方の双子姉妹によって引き継がれていたんですな。
ペアバンビの岡田姉妹は名古屋市中村区出身、存命ならばまだ60代の半ばでしょうか。いつ頃まで芸能活動を続けておられたのか分かりませんが、ひょっとして名古屋に戻られているのでは ?
2代目小美人襲名秘話などあれば伺いたいですね、特撮ライターの方、次の『モスラ』リメイクのときには是非取材をお願い致します。
| ザ・ピーナッツの小美人特集 (ひとまず完結) Twins Female Singer, THE PEANUTS in "MOTHRA" | 20:02 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする