タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< いよいよファイナル ザ・ピーナッツの小美人特集 [117] | TOP | いよいよファイナル ザ・ピーナッツの小美人特集 [119] >>

いよいよファイナル ザ・ピーナッツの小美人特集 [118]
『モスラ』小ネタ集 その14

今回、このカテゴリーをまとめるため昔買った特撮本を見返したんですが、本の間に、自然科学者の梅谷献二という方が書いた「虫の民俗誌」(築地書館) という本の書評が挟まっていました。おそらく1980年代の中日新聞切り抜きでしょう。大意、以下のような文章が紹介されています。

モスラの羽根には眼状紋がある。これは本来天敵である鳥をオドすためのものなので、あの映画の世界には1000メートルくらいある鳥がいるんじゃないか。

アハハ !  初代モスラ成虫の翼長は250メートルという設定ですからね。ただ、東宝特撮映画には直径200メートルのレンズを持つ兵器を空輸する巨大ロケットも登場しますから、そーゆー大きさの鳥がいたってそんなに驚きゃしませんよ (笑)。

自然科学者も怪獣ファンかな ? この部分を引用した書評担当記者の方もね。
| ザ・ピーナッツの小美人特集 (ひとまず完結) Twins Female Singer, THE PEANUTS in "MOTHRA" | 10:24 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする