タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< タイフェスティバル IN NAGOYA 2009 [14] | TOP | デヴィッド・キャラダイン終焉の地 [2] >>

デヴィッド・キャラダイン終焉の地 [1]
三一十氏の掲示板で知ったが、俳優のデヴィッド・キャラダインがタイのバンコクで亡くなった。珍死…と言うと怒られそうだが。
以下 newsclip の記事より。
http://www.newsclip.be/news/2009605_024153.html

6月4日にバンコク都内の高級ホテル、スイスホテル・ナイラートパーク・バンコクのスイートルームで死亡しているのが見つかったアメリカの男優デヴィッド・キャラダインさん (72) の死因について、タイ警察は事故死という見方を強めている。
死体発見当時、キャラダインさんは全裸でクローゼットの中に座り、上から吊るした紐で首が絞められていた。警察はキャラダインさんが首を絞めて窒息状態になり自慰をしていた最中に誤って死亡した可能性があるとみている。

キャラダインさんは1970年代のテレビドラマシリーズ『燃えよ ! カンフー』で主役の神秘的な武術家ケインを演じ、人気を博した。
クエンティン・タランティーノ監督のヒット作『キル・ビル』2部作 (2003-04) ではユマ・サーマン演じる主人公の宿敵である殺し屋・ビルを好演 (この映画はタイでも人気で、どこのショップにも置いてある)。 バンコクには映画 Stretch 撮影のため滞在中だった。

IMDb には Stretch という撮影中の映画に関する記載はない。なんでもフランスの映画会社の作品らしい。亡くなったのは6月3日のようだ。
ドラッグ使用の可能性はどうなのか。デヴィッドには奥さんもいるそうじゃない…うーむ。

このスイスホテル・ナイラートパーク・バンコク Swissôtel Nai Lert Park Bangkok というのは、2004年正月までヒルトン傘下だった有名ホテルです。ナイラートはホテルがある公園の名。
場所はバンコク屈指の繁華街であるサイアムスクエアの近く、ラーチャダムリ通りの東、スカイトレイン・チットロム駅の北。わたくしには縁のない高級ホテルなりよ。スイートルームは御一人様1泊 361US ドル=約36000円らしいです。
このホテル、2006年6月のプミポン国王陛下在位60周年記念式典の際は、わが国の天皇皇后両陛下もお泊まりになられたそうな。

調べると、これから公開予定でポスプロ作業中のデヴィッド・キャラダイン出演作は数本ある模様。映画の規模は判りませんが、『キル・ビル』以降ずっと売れっ子だったようですね。
しっかし…個人の性癖にはいろいろあるが、身長185僂梁臙砲クローゼットの中でそーゆー事を…流行ってるんでしょうか、一部で (悩)。
| 今週のわたくし2009 SUBCULTURE DIARY 2009 | 10:18 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする