タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 2008年のマイベストを考える [2] | TOP | 2008年のマイベストを考える [4] >>

2008年のマイベストを考える [3]
6位...いわゆる、事件

今年も様々な事件が起き、また今も起こりつつある。

秋葉原通り魔事件
アキバ通り魔事件、秋葉原連続殺傷事件…どの呼称がポピュラーなのか。
もうみんな忘れているかもしれないが、この事件のトリガーになったのは“作業服、ツナギ隠し”の一件。これは加藤某の思い違いでなく実際にあった事と思う。
学生時代を思い出してみたまえ。ウワバキや教科書を誰かに隠され、困っているクラスメイトがいたはずだ。こういうイタズラのターゲットにされるのは決まってキレやすい奴、困る様子が面白い奴…。
ツナギがない事に気が付いた直後の彼の反応は予想通りだったかもしれんが、隠した方の“犯人”は、その後ここまでキレるとは思ってもいなかったろう。
永久に名乗り出る事は無いだろうけど、この冬その“犯人”氏も派遣社員切りの対象になっているのかもしれんな。


世界同時不況
世界同時株安、100年に一度の世界恐慌…。後世、どんな言葉で教科書に載るんだろうか。12月27日付「日経PLUS1」の10大ニュースまとめでは“米金融危機、世界で株急落”と括られておった。REITの事はもう言わないで (泣) 。

宮崎勤の死刑執行
宮崎があの事件を起こさなかった、今よりいろんな規制がユルいIFの世界というのを考えてみる。…それもあまり良い世界じゃなかったかもなぁ。
下の写真はウチの部屋じゃありませんよ (苦笑) 。


あとこれは個人的に凄く関心があるのだけれど、長く母親の介護をしていた息子が疲れ、またはキレて殺してしまう事件。痛いニュースだが年々増えているような気がする。
自分も長く二人で暮らしていた母が倒れたとき、ひとりで介護をしなければならないかも…という状況があっただけに、そこに至る過程を幻視したような気になるのだ。
そんな事を思っていたら、12月28日にも名古屋市西区で52才の息子が79才の母を殴り殺した事件が発生。詳しく書いていないが、「食事の世話をしていてこぼされ、腹が立った」と供述しているからこれはやはり。息子はヤッパリ無職…嗚呼。
| 今週のわたくし2008 SUBCULTURE DIARY 2008 | 10:56 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする