タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< クーデターは平和への鍵 | TOP | 今月の百窓番外編 『チビラくん』の流用東宝メカ特集 [4] >>

「おやじのための自炊講座」に思う
10月11日付け日経朝刊一面下段の新刊案内に載っていた本。現物は見ていませんが、タイトルから連想するイメージとは違い、この著者はひとりものじゃなく単身赴任経験のある妻帯者のようなり。

わたくしも退職してからは週に何回か夕食をレトルト併用で作って食べておりますが、やったことのある方はご存じのとおり、男子(一部の女子もかな)は料理するときはテンション高いが片付けになるとグダグダであるということ。
たいがいの男は食べながら晩酌をするから、なお片付けがおろそかになるね。皿を洗い、鍋を洗い、レトルト食品の袋をすすいでから捨て、野菜屑を片し…ああ面倒くさい。
でも明日朝使う食器に困るのでグッと気合いを入れて洗い物をするのだが、ビールから始め酎ハイ2本ぐらい呑んじゃうともうアカン。寝ちゃえ。

…といった経験はないか、ご同輩。コンビニ食もいいが、食べガラは残る。ちょっとすすいで乾かしておかないと翌日臭うし、不燃ゴミを出す手間が増えるので面倒くささは同じなり、もう。
あとブログをやっておる人は、ベタベタした手でキーを叩くのが嫌だからなお片付けはおろそかになりがちよ(笑)。

まぁそんなわけで、男の料理片付け心構えを説いた啓蒙書を出したら売れるのではないか。やるかやらないかは別としてな。
| 今週のわたくし2008 SUBCULTURE DIARY 2008 | 22:31 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする