タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< ミミズ 食るか、食られるか [1] | TOP | タイ版『ウォンテッド』ポップ >>

ミミズ 食るか、食られるか [2]
※食事中の方は見ないでね。
『スクワーム』で前フリしたのはこれを紹介したかったからです。どうよ。

お子ちゃまたちが食ってます !!
HOW TO EAT FRIED WORMS (2005)
タイのショップでVCDを見つけたときは驚いたね。どんなゲテ映画かと思いますが、アメリカでは知らない人のない児童文学の映画化だそうで、2003年に早川書房から邦訳も出ています。

ビリーは友人(アランとジョー)と賭けをして、ミミズを15日間、毎日1匹ずつ食べることになった。工夫(ミミズのフライにミミズのむし焼き、ミミズ入りアイスクリームケーキ!)をこらしてなんとか食べつづけるビリーに対して、相手も妨害作戦を次々とくりだしてくる。はたして勝利はどちらの手に?少年たちのおかしな攻防戦を描いた、へんてこな物語。
アメリカで30年以上も前から読みつがれている、気持ち悪くて愉快な作品。主人公をはじめとする少年たちのわんぱくぶりが楽しい。笑いながら気軽に読んでください。…とのこと。
作者のトーマス・ロックウェルはアメリカの国民的画家(サタデー・イヴニング・ポストの表紙は有名)ノーマン・ロックウェルの息子。

それにしても…ジャケのカワイイお嬢ちゃん ? がミミズを食べてるところにリビドーを感じる人は即ゲット ? ちなみにわたくしはまだ観ていません(敬遠)。
| タイで見つけた本、映像・音楽ソフト & 映画広告 OTAKU SHOPPING IN THAILAND and MORE | 13:52 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする