タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 2007年のマイベストを考える [2] | TOP | 2007年のマイベストを考える [4] >>

2007年のマイベストを考える [3]
5位...植木等死去
亡くなったニュースは三一十氏の掲示板で知ったのだけれど、タイに居ったのでニュース映像は観られず。なんなんだ放送権って !
自分は植木等やクレージーキャッツの強烈なフォロワーではなかったが、何本かの映画と歌には楽しませてもらったのでな。
死後たくさんの追悼番組が流れた中で、9月に放送された人気アニメ『ケロロ軍曹』の一編はオマージュに溢れた珍作。一見の価値有り、であります。



4位...柴田哲孝「[完全版] 下山事件 最後の証言」
2005年に出た戦後史の謎・下山総裁轢死事件のフリークにとって重要な一冊が増補改訂されて文庫化。
単行本ではボカされていた部分がより鮮明に記述され、核心に迫っておる。
そして・・・わたくしは実行犯よりバックにいる黒幕、"X某"に思いをはせる。
この本で示唆される国鉄下山総裁を謀殺した理由、それは従来言われている左派勢力の封じ込めや大量首切りをスムーズに進めるためといったものでなく、極めて日本的な利権がらみの私怨であった。
かつて満州鉄道では"裏切り者"は鉄道に轢かせてバラバラにした、という山口淑子の文章の引用などワンポイントだが効いている。
今年もそんなに本を読んでいないわたくしがいうのも何だが、乞一読。


ウチの下山本、戦後史の謎本の一部。

MY BEST SUBCULTURE AWARD 2007, BEST5-BEST4
| 今週のわたくし2007 SUBCULTURE DIARY 2007 | 09:39 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP
コメント
去年出たムック本で下山事件について特集ありましたよ。
http://www4.ocn.ne.jp/~misty/topic.fushigi-knuckles.html
| むなしぃ◆np1g3ZPE9Q | 2008/01/08 12:14 PM |
幾多の証言や新聞記事などをパズルのように組み立てて59年前の夏の真相に迫っていく作業をする時のスリル。これが下山事件マニアを今なお増やしている原因だと思います。
| J・KOYAMA | 2008/01/12 1:48 PM |
コメントする