タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo

<< 韓国製アニメ大作『ワンダフルデイズ』を観るの巻 | TOP | レトロな風合いの国王写真集は買いか?の巻 >>

早朝に映画『少年は虹を渡る』を観るの巻
日本も色々な事件の解決編で慌しいようだ。帰国したら年末に向けまだひと波乱あるやもしれん。

今朝もずいぶんと涼しく、寒いくらい。トイレに起きたついでにテレビを点けるとゴージャスな部屋で少年が首をくくっている映像である。
これは・・・ハル・アシュビー監督の『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』(1971)ではないか?
自殺願望上流階級少年(といっても設定は19歳らしい。バッド・コートが演じる)と80歳の老女(ルース・ゴードン)の恋・・・風変わりなアメリカ映画だ。

たしかパンフレットは持っているはずですが本編は一度も観たことなし。
タイ語字幕版で、挿入されるキャット・スティーヴンスの歌がすばらしいけどこれは訳されてませんでした。
カルト映画と言えるはずですが日本でソフト化されているんだろうか。

でも放送時間帯が悪すぎる、途中まで観て寝ちゃいました。
| チェンマイところどころ2007 CHIANGMAI HERE AND THERE 2007 | 17:25 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする