タイトル画像 番外地 TOPへ
since 2005,   renewal 2009     logo


晴れた日は、百窓から富士山が見える…
∞様 (ハンドルネームを変えられたのですね)、わたくしも7月22日に頂いたコメントの返事が遅くなり、失礼しております。 
というのも、以前保存しておいたはずの この画が なかなか見つからなかったからで…。
これは、コメントの返事代わりの投稿です。

東宝映画・社長シリーズの28作目『社長繁盛記』(1968.1) 冒頭。
望遠で捉えた富士山からキャメラが豪快にズームバック、百窓が見えてくるというカットが ありまして。

分かりづらいですけど、中央にウッスラと富士山が。
これなら、晴れた日は建物の中からも綺麗に見えたでしょう…。
そのせいか、百窓が建っていた付近は現在、富士見坂と呼称されているようですね。

森繁久彌 演じる、主役の高山物産社長・高山圭太郎は百窓の主というわけではなく、ご近所に住んでいるという設定なのでした。
物語と百窓は この後、一切 絡むことはありません。

映画は、毎度お馴染みのサラリーマン喜劇ですが、1968年2月公開の続編と併せ、香港のバイヤーを演じる小沢昭一と社長の部下・谷啓が怪演・珍演。
四国を舞台にした幾つかのシーンには、大笑い間違いなし。
わたくしの地元・名古屋と明治村でもロケされ、シリーズ後期としては良作でしょう。
本作は「特撮モノ」ではありませんから、∞様が観ても損は されないはず。
レンタル店にも置いてあると思いますので、時間は短いですけど、在りし日の百窓映像を是非ご覧になって下さい。

撮影時期はおそらく、公開前年の1967年 晩秋でしょう。
| 今月の百窓 (ひとまず完結) HYAKUMADO, a lost building | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP

今月の百窓…ひとまずのお終い
「百窓スクラップブック」を個人的に作るという当初の目論見を、CSで観ることのできた『チビラくん』が資料性に富んでいたことから若干路線変更したこのカテゴリーも、一段落の時を迎えたようです。
もちろん、ここに紹介した以外の映画やテレビ番組に登場した百窓の姿をもっとコレクトする野望も無いことはナイですが、それはまたの機会にしましょうか。

最後に…1966年8月の「女性自身」より。雑誌の取材はこれが初 ? トリミングしちゃいましたが、“ある社長家族の住まい”というキャプションが付いていました。
| 今月の百窓 (ひとまず完結) HYAKUMADO, a lost building | 13:38 | comments(2) | - | ↑PAGE TOP

ソフトビニール製百窓発売
オークションに出品されていたそうです。こんなものを作った人たちがいるんですね…。今度はリアルタイプで是非 !
| 今月の百窓 (ひとまず完結) HYAKUMADO, a lost building | 10:42 | comments(3) | - | ↑PAGE TOP

今月の百窓番外編 『チビラくん』の流用東宝メカ特集 [5]
というわけで、いろいろ深い『チビラくん』。あと気が向いたらゲスト女優さん&お子ちゃま特集があるかも…百窓からずいぶんと離れちまうけどな(笑)。
| 今月の百窓 (ひとまず完結) HYAKUMADO, a lost building | 08:52 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

今月の百窓番外編 『チビラくん』の流用東宝メカ特集 [4]
しかし驚くのはまだ早かった。なんとナカミをご開帳 ! ミニチュアの中はこんなんだったのね。

| 今月の百窓 (ひとまず完結) HYAKUMADO, a lost building | 08:47 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

今月の百窓番外編 『チビラくん』の流用東宝メカ特集 [3]
こっ、これは…謎の小円盤として使われたのは『怪獣大戦争』(1965) のX星人円盤。上部にグルグル廻るアンテナパーツを付けられて情けない。

サイケな模様は『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている』で流用されたとき描かれたもの。
| 今月の百窓 (ひとまず完結) HYAKUMADO, a lost building | 08:07 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

今月の百窓番外編 『チビラくん』の流用東宝メカ特集 [2]
東宝映画『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966)に登場したメーサー殺獣光線車の砲塔部分 !
小サイズ(1/30縮尺)ミニチュアのもの、発光ギミックは製作4年を経ても生きていました。パパゴンのラボに持ち込まれた茶釜を調べるために使用、この回だけの登場だと思うけどな。
ちなみに1/15の大サイズは『ゴジラ対ガイガン』(1972)で炎上、残骸は特撮大会に展示されていましたがその後どうなったんだろう。
レストア出来れば特撮文化財級のミニチュアだったんだが…。

| 今月の百窓 (ひとまず完結) HYAKUMADO, a lost building | 10:07 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

今月の百窓番外編 『チビラくん』の流用東宝メカ特集 [1]
こっ、これは…この形、まごうことなき…
| 今月の百窓 (ひとまず完結) HYAKUMADO, a lost building | 09:44 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

今月の百窓 [43]
最終回に登場した雪の百窓ミニチュア。

そんなわけでチャンネルNECOの『チビラくん』放送は無事終了しました。全78話中旅行とかもあったから7割くらいは観られたのかな。一生この番組を観る事はないと思っていたので、まぁこれでいいかな、と思ってます。
別カテゴリーで『悟空の大冒険』や『人生の歩き方。水木しげる』を扱ったとき書いたように、自分はシリーズ番組を全話観た事って非常に少ないんですよ。
ほかにもいい百窓カットや面白いエピソードがあったのかもしれんが、ホントもうこれくらいでいいや。
| 今月の百窓 (ひとまず完結) HYAKUMADO, a lost building | 10:17 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP

今月の百窓 [42]
| 今月の百窓 (ひとまず完結) HYAKUMADO, a lost building | 10:07 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP